猫飼い納得!「猫あるある」をユーモラスに表現したイラストに世界が共感

11月6日(水)18時30分 カラパイア

cover_e4
image credit:lingvistov/Instagram

 猫あるあるの日常風景をキュートなイラストで描く『Lingvistov』は、猫が大好きな2人組のロシア人アーティストだ。

 人生に必要なのは「猫と愛」と力説する彼らの機知に富んだキャプションをフィーチャーした魅力的なイラストは、インスタグラムでも公開されているが、猫の飼い主にとっての日常「あるある」な光景が、コミカルなタッチで描かれていて、飼い主には共感必至といえるだろう。
猫好きの人は、生きるために毎日猫となにかしらの関りを持つことを重要としています。この猫のイラストを見ると、毎日いつでも猫があなたを笑顔にし、暖かさと快適さを与えてくれることを思い出させてくれます。本当に必要なのは、愛、そして猫なのです!

 このようにコメントする2人。さぁ、あなたが猫を飼っているのであれば、どの「猫あるある」な日常が最も共感できる?

・1.スクリーンの前に陣取る


 「あの、今から使うんですけど…」っていうタイミングで座る。2時間ほど座り込まれた時には、その日のスケジュールが台無しになることも。

 うちのけもも、今すぐ書かなきゃならないって時に限ってPCのモニター前に背筋を伸ばして座ってくださりやがる。


・2.椅子の後ろで仲間割れ


 自宅での仕事がなかなかはかどらない理由のひとつが、これなんだな。


・3.座ろうと思うと、今そこにある猫


 座ろうとする瞬間にそこにいる。間違って上から座ってしまうこともあり、ギャっと逃げていくのだが、それに懲りずにまた座るという変なルーチン。


・4.黒猫と写真を撮るとこうなる


 インスタ映えしないなんて言われてるけど…、確かに黒すぎて、時にどこにいるのかわからないこともあったりなかったり。


・5.プライバシーは完全に失われた


 えーっと、1人でトイレに入ったのっていつだっけ?
 お風呂もしばらく1人で入ってないや。


・6.目覚まし時計がいらない


 ごはん時になると決まった時間に起こされる。しかも猫の都合のみで。


・7.グルーミング中に呼んだ時


 舌をチロリと出したままこっち向く。
 そのまま舌をしまい忘れることも。


・8.写真を撮ろうとした時はツレない



 なかなかカメラを向いてくれない。わざとか…?


・9.気付けば見られている


 視線を感じて振り返ればヤツらがいる。動体監視カメラ以上の高性能。


・10.箱が正義


 特にダンボールは大好物。荷物を出した瞬間に入られて、そのまま動かないからダンボールが片づけられない。中に入っている猫のおもちゃには全く興味を示さないことが切なすぎる日々。


・11.開けたらとにかく入りたがる。そして散らかす


 箱もそうだけど、タンス、クローゼット、戸棚、とにかく開けたら入る。そして散らかす。人間が嫌がることをわざとしてる?と問いかけたくなることも。


・12.それは隠れているつもりなのか?


 でもチラ見えがキュートなんだよね。


・13.さんざんおねだりして、その後しらんぷり


 あれ?お腹空いてたんじゃなかったの? 気を引きたかっただけ??


・14.ベッドに来たと思ったらその姿勢


 お尻を向けてくっつくわけね。でもこれも猫の愛情。


・15.目覚めた時に幸せを感じる


 大好きな猫が隣で眠っていることに気付く毎朝が、大好きになる


・16.スマホのスクリーンが飼い猫で埋まる


 右が自分のスマホ。気付いたらこうなってた。


・17.かわいすぎて無理強いしちゃうことも…


 愛情の押し売りをして逃げられることもあるけれど…やっぱり猫が大好き!

written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「イラスト」をもっと詳しく

「イラスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ