賢い犬!29の単語を覚えサウンドボードで飼い主と会話(アメリカ)

11月11日(月)11時30分 カラパイア

dog cover_e
image credit:hunger4words/Instagram

 犬の飼い主は、普段愛犬に話しかけることも多いだろう。そして、犬が自分に話しかけてくれたらどれほどいいかという思いもきっと抱いていることだろう。自分のことをどんなふうに思っているのか、今何をしたいのか、お腹は空いていないか…などなど、犬の気持ちを知りたいと思う飼い主はきっと多いはずだ。

 愛犬と会話をすることが叶うという、夢のような出来事が近い将来もはや夢では終わらないかもしれないと期待できそうなニュースが、今回アメリカから飛び込んできた。

 音声言語の専門家が、自身の飼い犬にサウンドボードを使って訓練をしたところ、これまでに29の単語を習得し、最大5語のフレーズや文を作成でき、人間とのチャットが可能になったという。

"Park Park Play!"

・カスタマイズされたサウンドボードのボタンで犬を訓練

 カリフォルニア州サンディエゴに住むクリスティーナ・ハンガーさん(26歳)は、普段1歳〜2歳の子供たちに話し方を教えている音声言語の病理学者だ。


 ハンガーさんは、子供たちに教える仕事の一環として使用する装置を、飼い犬にも使用して、言葉を覚えさせ会話を試みている。

 18か月になるカタフーラ・レパード・ドッグオーストラリアン・キャトル・ドッグ(別名ブルー・ヒーラー)のミックスである“ステラ”は、生後8週目になった時からハンガーさんに訓練を受けて来た。

 ハンガーさんが作成したカスタマイズされたサウンドボードの一連のボタンをタップすることで、ステラが外出したいという気持ちや、食事をしたいという望みなど、自分の考えや感情を表現し、人間に知らせることができるという。


・29の単語と最大5語のフレーズをマスター

 生後2か月で、「話す」ことを学び始めた賢いステラは、現在少なくとも29の単語以外に、5語のフレーズを知っており、文を作成することもできるそうだ。


 ステラがこの訓練でしなければならないことは、空腹を感じた時や散歩に行きたい時、お腹を撫でてほしい時などにボタンを押すだけだ。


 これまでの訓練で、ステラの成果が顕著だったのは、ハンガーさんと一緒に暮らしている婚約者ジェイクさんに関する表現だったという。

最初、ステラが玄関先で鳴き声をあげていた時は、外出したいのだと誤解していました。でも、サウンドボードのボタン「Want」「Jake」「Come」を押したのです。

つまり、ジェイクが恋しくて早く帰ってきてほしいと鳴いていたことがわかりました。

 ステラは、やがてジェイクさんが帰宅すると「Happy」のボタンを押し、ジェイクさんにお腹を撫でてほしいと甘えたということだ。


・最終目標は人間との会話ができる認識を犬が持つこと

 ハンガーさんは、サウンドボタンを使ってステラと毎日楽しみながら会話をしている。ステラ自身も、大好きな飼い主とのチャットをとても喜んでいるようだ。

毎日、ステラは何かクールなことを言ってくるので、絶え間ない驚きとショックを経験しています。

ステラには、人間の2歳の子供の語彙力があるといっていいでしょう。今、ステラが好きな言葉は「Walk(散歩)」と「Beach(ビーチ)」です。

いずれ、他の犬にも同様の方法でコミュニケーションを取ることを望んでいます。犬は人間にとってとても大切な存在だと私は思っています。こんなふうに会話ができるようになれば、犬と人間の絆がどれほど深くなるか想像してみてください。



 犬を飼い慣れていると、犬の行動を見ていて気持ちがわかることも大いにあるだろう。しかし、実際にこんなふうに会話ができるとなると、より一層、犬の気持ちを確実に知ることが可能になる。そしてそれは、飼い主にとっての共通の願いだ。

 ステラの訓練の進捗状況は、ハンガーさんのブログやインスタグラムアカウント『hunger4words』で知ることができる。

References:designtaxiなど / written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ