お外にも出てみたよー 上野動物園のジャイアントパンダ・シャンシャン モフモフ元気に成長中

11月14日(火)18時0分 ねとらぼ

上野動物園ジャイアントパンダのシャンシャン(11月9日撮影)

写真を拡大

 上野動物園のジャイアントパンダの子ども・シャンシャンが生後150日を迎え、身体検査の様子や近況などが東京ズーネットのサイトで紹介されています。
 6月12日生まれのシャンシャンは11月9日で150日齢。この日に行われた身体検査で体重は9.9キロと確認できましたが、動きが激しすぎて体長は測定できなかったとのことです(10月30日の検査では9.1キロ、77.8センチ)。健康状態は良好だそうです。
 シャンシャンは室内展示場内をよく歩くようになり、ときには丸太の上にまでよじ登ることも。自力の排尿も確認され、自ら屋外運動場に出て遊ぶこともあります。
 母親のシンシンはシャンシャンの体をなめたり1日2回ほどの授乳をしたりとお世話をしており、2頭がじゃれあう姿も見ることができます。
 休園日には観覧通路に面したシャッターを開け、人の姿や声に慣れる訓練もしているというシャンシャン。今回公開された動画では、背後にいるシャンシャンにびっくりするシンシンの姿や、活発に動きまわるシャンシャン、2頭が仲良く過ごす様子などを見ることができます。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

動物をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ