猫と過ごす日々の漫画に見つける幸せ 寝ていることが増えた猫の「姐さん」を想うおじいちゃんの言葉に共感の声

11月19日(日)15時0分 ねとらぼ

猫のつーさんが先輩猫の姐さんについて話しています

写真を拡大

 Twitterに投稿された、一緒に毎日を過ごす猫たちとおじいちゃんの漫画に心が温かくなります。
 語り手は、一人称が“俺”の猫「つしま」さん(以下、つーさん)。おじいちゃんの家にもう20年以上住んでいる先輩猫の「姐さん」について、さすがに年のせいか「寝てばかりいることが増えた」と最近の様子を話しています。
 以前のように跳び回ったりせず、窓辺から外を見て警備するのも姐さんからつーさんの仕事に。ちなみにつーさんによると、姐さんは布団の中が大好きな“ふとん猫”で、おじいちゃんと一緒に中に入っては足枕で寝るのが「もういうことないぐらいしあわせ」なんだとか。
 そんなだんだんと落ち着いてはいつも側で寝る姐さんを見て、おじいちゃんは「いぜんにもましてかわいくってしょうがない」と言葉を漏らします。
 年をとってゆっくりな日々を送る姐さんも、もちろん一緒に過ごす他の猫ちゃんたちも、「ただいてくれたらそれでいい」と、おじいちゃんにとってそれが「きせき」だと猫ちゃんに伝えるのでした。3文字の短い言葉ですが、そこに愛と幸せがたくさん詰まっているのを強く感じる……。
 この言葉に「なんかくすぐったいや」と照れるつーさんに、「かわいいだけじゃだめかしら?」と尋ねる姐さん、そして「かわいいだけでじゅうぶんだよ」と答えつつ添い寝するおじいちゃんの姿。猫たちとのなんでもない日々がとっても温かい!
 あらためて猫との日々の幸せを感じさせてくれた同漫画は、つーさんのTwitterアカウント「俺、つしま」で投稿され、つーさんたちの写真も見ることができます。そこではおじいちゃんの家に住むまで3〜4年通っていたつーさんの小さい頃の姿や、モッフモフのほっぺが特徴的な今のかわいらしい姿が。なおつーさんいわく「丸いけど太ってはいない」とのこと。
 ツイートでは他にもさまざまなエピソードが漫画で公開されていて、つーさんと姐さん以外の猫ちゃん、「ちゃーさん」や「地回り猫のオサム(仮名)」なども登場。おじいちゃんのちょっとドタバタで幸せな猫たちとの日常をのぞき見ることができます。
 Twitterではおじいちゃんと猫ちゃんたちの漫画に「いとおしい」「泣いた」といった声が寄せられ、他にも“きせき”という言葉に「本当にそう思う」「ほんとにいてくれるだけで幸せ」と共感する声が上がる反響となっています。
画像提供:@tsushimacatさん

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

漫画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ