火事で全身にひどいやけどを負った犬、奇跡的な回復を遂げセラピー犬へ(アメリカ)

12月5日(木)11時30分 カラパイア

iStock-1186362576_e
Image by Photoboyko/iStock

 アメリカのジョージア州で、去年10月に飼い主宅の火災によって全身にひどいやけどを負ってしまった犬がいる。

 動物病院で手術を受け、病院スタッフたちの献身的な看護により一命をとりとめた犬は、顔や背中、腹部などの広範囲の体毛を失ったものの、奇跡的な回復を見せ、普通の犬と同じような日常生活を送れるほど元気になった。

 その後スタッフに引き取られた犬だが、先住犬とうまくいかない。このままでは犬を飼うことができなくなるかもしれない。苦境に立たされたスタッフは、アドバイスに従い、犬に第二の犬生を歩ませることとなる。

※警告:本文中にやけどの傷がある犬の映像や写真が表示されます


Dog injured in fire now training to help other burn victims

・飼い主宅の火災に巻き込まれた犬、瀕死の状態で病院へ

 去年10月下旬、ジョージア州オーガスタにある一軒の民家で、家が全焼する激しい火災が発生した。

 その家で飼われていた一匹の犬「タカ」(当時8歳)は、なんとか逃げ出したものの全身に酷いやけどを負い、瀕死の状態だった。

 直ぐに同州マルティネスにあるケア・モア動物病院(Care More Animal Hospital)に運び込まれた。

 家財全て、何もかもを失ってしまった一家にタカを治療し、再び引き取る余力は残されていなかった。そこで飼い主一家の代わりに、病院スタッフらは寄付を募ってタカの治療費や手術代を捻出し、複数の病院のサポートのもと、タカは激しい痛みや辛さに耐えながら治療を続けて来た。

 献身的な治療や看護の甲斐あって、タカは奇跡的な回復を見せた。


・犬はその後、病院スタッフに引き取られる

 ケア・モア動物病院で動物看護師をしているクリスタル・レズリーさんは、初日からタカを必死で支えてきた1人である。

 タカが飼い主のもとへ戻れないと知った時、自らタカを引き取る決意をした。



 ところが、家に連れてきたものの、先住犬たちとウマが合わなかったようで、何度も喧嘩を繰り返していた。恐ろしい火事にあい、体の大部分に火傷を負ったタカは、全てに対してナーバスになってしまうのもしかたがないことだ。

 このままではタカと一緒に暮らせなくなるかもしれない。と心を痛めていたクリスタルさんに、ある提案がもたらされる。


・プロの訓練士のもとでセラピー犬のトレーニングを

 ある人から「プロの訓練士のもとでセラピー犬のトレーニングを受けさせてはどうか」と提案されたクリスタルさん。

 タカの年齢を考えると、今から訓練を受けさせるというのは正しい選択肢ではないように思えて最初は躊躇していたが、そんなクリスタルさんの背中を押してくれたのは、ケイン・トレーニング・プロジェクト(Caine Training Project)の創設者マンディー・フォスターさんだった。

犬の訓練に「遅すぎる」ということはありません。タカは今9歳なので、多少は時間がかかるでしょうが、他の犬と同じように訓練できます。

もちろん、いくつか問題もあり、トレーニングはチャレンジでしたが、タカはとても頑張りましたし、私もタカを支えてあげたいと思ったのです。

 現在マンディーさんは、気が散る環境でもきちんとタカが聞くことができるかどうかという訓練を行っている最中だという。


・同じ経験を持つ人々と心を共有しあうことで希望が生まれれば

 しかし、セラピー犬としての資格を得る前に、愛犬家団体「アメリカンケネルクラブ(American Kennel Club AKC)」が行っている“Good Citizen Test”と呼ばれる優良犬の認定試験に合格しなければならないそうだ。

 これまでタカを訓練して来たマンディーさんは、タカの性質を十分知っており、次のように話している。

dog2_e0
image credit: youtube

タカは、セラピー犬に相応しい気質を持っています。タカ自身が深い傷を負いました。だからこそ、同じ痛みを抱える人の気持ちを理解できるのではないかと思っています。

タカがセラピー犬になることは、タカ自身と人々の両方にとっての希望が生まれるのではないかと思っています。

 マンディーさんがタカの訓練を申し出てくれたことで、クリスタルさんもタカを手放す心配がなくなった。

 マンディーさんのサポートに感謝するクリスタルさんは、涙ぐみながらメディアの取材でこのように話している。

タカは、素晴らしい犬です。私は、タカがこれまでの辛い経験を乗り越えてきたことを本当に誇りに思います。

今後は、セラピー犬となって同じ辛い経験をした人たちを励まし、彼らの希望の光となってくれたらと願っています。



image credit:Care More Animal Hospital/Facebook
References:UNILADなど / written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「奇跡」をもっと詳しく

「奇跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ