鼻の穴にウナギが刺さったアザラシ発見 無事に除去される

12月6日(木)13時5分 BIGLOBEニュース編集部

画像は「Hawaiian Monk Seal Research Program」Facebookスクリーンショット

写真を拡大

鼻の穴にウナギが入った状態のアザラシが見つかったとアザラシの研究団体が報告した。


アメリカ・北西ハワイ諸島に生息する「ハワイモンクアザラシ」の観察や保護を行っている「Hawaiian Monk Seal Research Program」は今月、鼻の穴にウナギが入った状態の若いオスを発見。ウナギの頭部がアザラシの右の鼻の中に入っているとみられ、アザラシは苦しそうな表情を浮かべていた。


研究者らによると、ハワイモンクアザラシは、珊瑚礁の割れ目や岩の下、砂などに隠れている獲物を、口や鼻を押し込んで食べる。今回のケースは、追い詰められたウナギが逃げようとしたか、飲み込んだウナギが鼻から出てきたなど考えられるが詳しいことは分かっていない。幸い、鼻の中のウナギは研究者らによって取り除かれ、アザラシは無事だった。


なお、鼻にウナギが入ったアザラシは今回が初めてではなく、数年前に最初に目撃して以来3〜4回ほど確認しているとのこと。40年間活動を続けている中でこの現象を見るようになったのは最近であり、統計的な異常なのか、将来的にもっと増えるのかは分からないとしている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「アザラシ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「アザラシ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ