野生の血が騒ぐんジャイ!ヘビクイワシにおもちゃのヘビを見せたところ華麗なるステップ攻撃が炸裂しまくりんこ

12月8日(金)16時30分 カラパイア

no title

 タカの仲間、ヘビクイワシ。その名前は伊達じゃない。ヘビの頭を脚で蹴り続け、弱らせて食べるところからその名が付いたといわれている。

 まるでステップを踏むかの如く軽快な足取りで「アータタタタタタッ!」っとヘビの頭にキック攻撃を加える。なにこの北斗の拳モード。

 その様子をおもちゃのヘビを使って観察した映像が公開されていたので見ていくことにしよう。
666666

🐍 better watch out 💥

【頭を狙って「アータタタタタタッ!」とステップ攻撃】

 アフリカ大陸中部以南のサバンナに生息するヘビクイワシの全長は1〜1.5メートル。翼を広げると2メートルにもなる。

 獲物であるヘビを見つけると、大きな羽を羽ばたかせながら、「アータタタタタタッ!」と高速のキック、ステップ攻撃を展開しつつ、踏みつける。

 たとえそれがおもちゃであっても容赦はないのだ。

1

 もちろんヘビは大好物だが、それ以外にも昆虫や爬虫類、小動物から鳥類など、狩れる範囲の動物ならばなんでも餌にするようだ。卵なんかも当然食べる。

 獲物を掴んで上空から落としてから食べることもあるという。

 実際の狩りの様子はこちら。

Great Etosha- Sekretary bird kills a snake

 ヘビクイワシは日本でも上野動物園を始め、各地の動物園で飼育されている。静岡にある掛川花鳥園の『キックちゃん』はキックのショーも行っているそうだ。


ヘビクイワシ『キックちゃん』のヘビ狩り①

via:YouTube / wikipediaなど / translated byいぶりがっこ / edited by parumo

カラパイア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヘビをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ