家の火事を知らせるためパトカーを導くジャーマン・シェパードの姿が再びネット上で話題に(アメリカ)

12月26日(木)11時30分 カラパイア

dog_e0
image credit: youtube

 助けを求めるために機転を効かせ、人間を現場へと導く優秀な能力を発揮した犬を見た時には、やはり誰もが感心せずにはいられないだろう。

 今から10年ほど前にアメリカのアラスカ州で起こった火災事故で、1匹のジャーマン・シェパードがまさに危機一髪の状況で素晴らしい機転を効かせ、パトカーに乗った警察官を飼い主がいる火災現場へと導いたのだ。

 この犬のおかげで、現場では素早い消火活動が行われ、犬はヒーロー犬として全米ニュースで報じられた。

 その後、パトカーのダッシュボードに録画されていた映像が公開されると、大きな反響を呼んだ。最近、その映像が再びRedditで話題になり、改めて犬の素晴らしい能力を実感したユーザーらが多くのコメントを寄せた。

German Shepherd leads state trooper to house fire in Alaska

・2010年4月にアラスカ州で火災発生

 大自然溢れるアラスカ州は、4月でも気温がマイナス5度以下になることなど珍しくなく、火災が起こった2010年4月4日も、森は雪に包まれ道路は凍結した状態だった。

 奥地にある家に住んでいたベン・ハインリッヒさん(当時23歳)は、いつものように自宅に続いた小さな作業場で、トラックの点検をしていた。

fire2_e
image credit: youtube

 しかし、ガソリンに火花が散り点火する事故が発生し、作業場は一瞬にして炎に包まれた。服に火が燃え移ったせいで軽いやけどを負ったベンさんは、火の手が広がらないようにと作業場のドアを閉めて外に出たが、中に愛犬ジャーマン・シェパードのバディ(当時5歳)がいることに気付いて、すぐにドアを開け救助した。

 幸いにも怪我がなかったバディは、ベンさんが「助けが必要だ」と話すと、すぐにその場を去ったという。


・州警巡査、道路脇に犬がいるのを発見

 ベンさんの家は、主要道路から150kmほど離れた辺鄙な地域に建っていたが、隣家もあったため、火事に気付いた近所住民が消防署へ通報し、その連絡を受けた州警巡査テレンス・シャニガンさんが、火災現場へと急行した。

 しかし、雪に覆われた暗く曲がりくねった裏道をひたすら火災現場を目指して走行していたパトカーのGPS機能が不運にもフリーズしてしまい、シャニガン巡査は道を引き返そうとした。裏道は、一つ間違えると延々と別の方角へと車を走らせることになるからだ。

 そして方向転換しようとした時、巡査の前に犬が姿を現した。その犬は、まるでシャニガン巡査を待っていたかのように、パトカーの前を走りだした。

dog2_e0
image credit: youtube

・バディの誘導で火災現場に到着し、迅速な消火活動が行われた

 実は、シャニガン巡査は地元で経験豊富な犬ぞりのマッシャー(犬ぞり使い)で、犬の姿を見た瞬間に犬が自分をどこかへ誘導したがっているということに気付いたという。

 パトカーのダッシュボードカメラがその時の映像を捉えているが、一刻も早く飼い主ベンさんのもとへパトカーを導きたい一心だったのだろう、バディはひたすらパトカーの前を全速力で駆けている。
 
 やがて、シャニガン巡査は前方に激しく燃える建物を発見した。既に通報を受けていた消防署とすぐに連絡を取り合い、駆け付けた消防隊員らが迅速な消火活動を行った。そのおかげで、ベンさんの作業場は全焼したものの隣接していた自宅は、窓の一部が焼け焦げただけに留まった。

fire3_e
image credit: youtube

・バディは優秀な警察犬の母の血を引いていた

 バディが機転を効かせ、すぐに火災現場から助けを求めて走ったおかげで、ベンさんの自宅は全焼を免れ、家族全員が無事で済んだ。

 この1件は、全米メディアで報じられ、バディのヒーローぶりが称賛された。当時のメディア取材で、ベンさんはこのように語っている。

fire4_e
image credit: youtube

私を救ってくれたのは、今回が初めてではないのです。バディは、私が釣りに行って熊に襲われそうになった時にも、熊を撃退してくれました。

もし彼がいなければ、今回私たちは完全に家を失っていたでしょう。バディは私のヒーローです。

 バディは、生後6週目の時にベンさんに引き取られたが、実はバディの母親は警察犬なのだそうだ。

 バディにいたっては特に訓練をしていないが、やはり母親からの優秀な血を受け継いでいるのは間違いないようで、その鋭い直感や勇敢さ、忠誠心は素晴らしいとベンさん一家は話している。

fire6_e
image credit: youtube

 2010年の火災事故の報道のおかけで、ヒーロー犬としてすっかり注目されたバディは、その後、ベンさんと一緒に地元の学校に招かれ、火災の安全性についての講義に参加したりと国民的セレブの扱いを受ける存在になった。

 しかし悲しくも、バディは肝臓がんを発病し長期の闘いの末、2016年に旅立った。それでも、真のヒーローとしてバディの英雄的行為は語り継がれ、最近Redditでも当時の動画が取り上げられ話題になっており、ユーザーらからは次のようなコメントが寄せられている。

・やっぱ犬はスゲーな。

・なんて優秀な犬なんだ。

・犬の姿を見ただけで直感的に何かを察知した巡査もすごいと思う。

・これが猫だったら逆にランプとか倒して火災発生の原因になってそう。
→・こういう時の猫の印象は悪いよね。でも、猫もいいところもあるんだよ。

・まさに表彰されるべきヒーロー犬だね。

References:nbcnewsなど / written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「パトカー」をもっと詳しく

「パトカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ