明日3日(金)の天気 太平洋側は穏やかな三が日最終日 日本海側は傘の出番あり

1月2日(木)17時5分 ウェザーニュース


2020/01/02 16:50 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・太平洋側では穏やかな三が日最終日
・日本海側では傘の出番あり
・昼間の寒さは幾分控えめ


予想天気図 3日(金)9時

明日3日(金)も日本列島の周辺は西高東低の気圧配置となります。

太平洋側ではスッキリと晴れて穏やかな三が日の最終日になります。

一方、日本海側では雨や雪が降って傘の出番がありそうです。

太平洋側では穏やかな三が日最終日

日本列島の周辺は明日3日(金)も西高東低の気圧配置となります。

太平洋側ではスッキリと晴れて穏やかな三が日の最終日になります。初詣や新年の挨拶回りにも申し分のない天気です。

空気は乾燥するのでうがいや手洗いでインフルエンザ対策を万全にしてください。

日本海側では傘の出番あり

日本海から雨雲や雪雲が流れ込んで日本海側では傘の出番があります。

北陸には発達した雨雲や雪雲が流れ込んで雷や突風の恐れもあります。

北海道日本海側や東北内陸部では積雪の増加に注意してください。雲の隙間から日差しが届くことがあっても突然の雨雪に油断できません。

昼間の寒さは幾分控えめ

3日(金)の予想気温

西日本や東日本では最高気温が2桁になって昼間の寒さは幾分控えめです。

空気はヒンヤリとしても日向では日差しの温もりが感じられます。

北日本では真冬らしい寒さが続くので、マフラーや手袋などでシッカリと防寒をしてください。


ウェザーニュース

「三が日」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「三が日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ