長野県・白馬で樹霜 極寒地域の冬の風物詩

1月4日(金)9時20分 ウェザーニュース


2019/01/04 09:18 ウェザーニュース

長野県白馬村より(4日朝撮影)

仕事始めとなる、今日1月4日(金)朝、長野県・白馬村では木々に霜が着く「樹霜(じゅそう)」と呼ばれる、現象が見られました。

今朝の長野県白馬は−14.5℃まで気温が下がり、今シーズン一番の冷え込みとなっています。

長野県白馬村より(4日朝撮影)

草木からビッシリと生えるように成長した白い結晶、これは「樹霜(じゅそう)」と呼ばれる現象です。樹霜は空気中の水蒸気が霜となり、直接、樹木などに凍りついたもので、極寒の雪国ならではの風物詩。

よくニュースでも聞く『樹氷(じゅひょう)』はごく小さな冷たい水の粒が、樹木などにあたって瞬間的に白く凍りついたもので、ほとんど同じ仲間のような現象ですが、微妙にメカニズムが違います。

冬の風物詩、ほかにも

なお、気温が下がった時に見られる現象として、ほかにも『氷霧(こおりぎり)』『細氷(さいひょう)』『雨氷(うひょう)』『氷雨(ひさめ)』などいろいろな種類があります。

『氷霧(こおりぎり)』
 非常に小さな氷の粒が空気中に多数浮かんでいる状態。凍っている霧のこと

『細氷(さいひょう)』
 非常に小さな氷の粒が空気中に多数浮かんでいる状態。凍っているモヤのこと 
 氷の粒が太陽に照らされキラキラと輝くので、ダイヤモンドダストとも呼ばれる。

『雨氷(うひょう)』
 雨粒が地面に落ちたり、木に当たってすぐ凍りついたもの。透明な氷のかたまり

『氷雨(ひさめ)』
 雹(ひょう)、霰(あられ)、霙(みぞれ)の昔の呼び名。またみぞれにごく近い冷たい雨。


このように氷や雨など似たような字が多いのですが、並びかたや一文字が変わっただけで、別の現象になるのですね。


ウェザーニュース

「極寒」をもっと詳しく

「極寒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ