正月太り解消!バターコーヒーですぐ痩せられる理由

1月6日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン


お正月で食べすぎて、久しぶりに体重計に乗ってみたらその数字にびっくり!という方は多いのではないだろうか。そんなあなた、一気に挽回するために、ぜひバターコーヒーを初めてみてはいかがだろう。『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』でシリコンバレーのバイオハッカー(自分の体を数値化&徹底分析する人)が、「研究の結果、最も健康的に痩せられてリバウンドしないのはバターコーヒーだった」「毎日0.5キロ痩せる」と紹介するや全米で大ブームとなり、いまや日本のコンビニ(ファミリーマート他)でも気軽に買えるまでになった。本記事では、同書からその痩せるメカニズムと、最も効果的な「正しい飲み方」について詳細にまとめた訳者解説を特別公開する。ぜひ役に立てていただければ幸いだ。


毎日0.5キロ痩せて、脳がクリアになり健康が回復


 バターコーヒーを飲むことを中心とした「完全無欠ダイエット」が、いまや世界的に評判となっている。


 何それ、ぎとぎとバターでダイエット?信じられない。日本にはコーヒーにバターを入れる文化などなく、そう思われても無理はない。だが実際、このアメリカのIT起業家でバイオハッカーが開発した方法は、驚くなかれ、多数のメディアで話題となり、セレブがどしどし実践するなど大ブームだ。


 ダイエットのあらましは、プログラムに従った1日3食を2週間つづけ、朝食はバターコーヒーにするというもの。


 開発者はシリコンバレーの寵児だったが、肥満と体調不良に悩まされ自分の体で実験、心身のパフォーマンスを向上させる方法をさぐった。世界レベルの医学博士、生化学者、栄養士の研究を総合してたどり着いた集大成が、本書『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』である。


 これを開発実践して「毎日0.5キロ痩せ、頭が冴え、健康を回復した」著者デイヴ・アスプリーは、現在このプログラムの紹介サイト「ブレットプルーフ・エグゼクティヴ」のCEOとして普及に努めている。


あらゆる食の研究を反映した最も合理的な方法


 理論面としては、著者は多数の研究を参照総合し、最新の知見を反映させている。たとえば、このダイエットの一部は、すでに日本でも流行っているケトン式食事法と同様の原理で組み立てられている。


 炭水化物(パンや白米、パスタなど)の摂取を減らして中鎖脂肪酸(MCTオイルなど)を多く摂取することによって、「糖ではなく脂肪を燃やしてエネルギーに変える有益な状態」をつくりだすというものだ。


 本書の2週間プログラムでは、炭水化物は毎日30グラム以下(白米でいうとお茶碗半分程度)に抑え、週に1日は100〜150グラム程度(お茶碗2〜3杯程度)摂ることを推奨している(ただし夜に限る。また、大きく減量したい人は当然、炭水化物を減らすほど効果が出やすい)。

 

 そしてもう一つ著者が重視しているのが断食(ファスティング)だ。一般には1日おきの断食や、朝食抜きで昼過ぎまで食事を摂らない断続的ファスティングの減量効果や集中力増強効果が知られている。だが、ビジネスパーソンがこんなことをしていては、空腹で午前中のパフォーマンスはがた落ちになる。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ