関東甲信 あすの雪の見通し 積雪や路面の凍結注意

1月11日(月)16時40分 tenki.jp

関東や山梨県で広く雪や雨が降るタイミングは2回あります。12日(火)の未明と午後で、積雪となる所もあるでしょう。

関東甲信 あすの雪の見通し 積雪や路面の凍結注意

天気が崩れるタイミングは2回

関東甲信地方の上空約1500メートルには氷点下6度以下の寒気が流れ込んでいます。
寒気が居座るなか、11日(月)夜から12日(火)朝にかけて関東沿岸を低気圧が進むでしょう。また12日(火)の午後は別の低気圧が日本の南岸を進み、関東に近づいてくる予想です。
このため、関東甲信では雪や雨の降るタイミングは2回あるでしょう。

12日(火)未明は広く雪や雨

11日(月)夜遅くには千葉県で雪や雨の降りだす所があるでしょう。

12日(火)の未明は関東や山梨県にかけて広く雪のエリアが広がりそうです。東京都心でも初雪となる可能性があります。明け方から朝は内陸部から雪はやみますが、沿岸部を中心に雪や雨が残るでしょう。沿岸部では比較的雪の降る時間が長めで、積雪となる所もありそうです。積雪とはならないエリアも朝は冷え込み、路面が凍結する所がありそうです。車の運転は路面状況の変化にご注意下さい。朝の通勤通学は時間に余裕を持って、外の状況や交通情報を確認するようにしましょう。

昼過ぎも雪や雨のエリア広がる

昼前はいったん雪や雨はやみますが、昼過ぎからは2つ目の低気圧が近づき、広く雪雲や雨雲がかかるでしょう。山沿いは雪で、大雪となる恐れがあります。平野部は水色の「雨または雪」のエリアとなっています。少しの気温の変化で変わるエリアで、内陸部ほど雪の可能性があります。
夕方以降、内陸部から雪や雨はやみますが、沿岸部では雪や雨が残りそうです。沿岸部で雪や雨がやむのは夜遅くなってからとなるでしょう。

雪の降る量は?

2日18時までに予想される24時間に降る雪の量はいずれも多い所で
関東地方北部の山沿い:15センチ
甲信地方:15センチ
関東地方北部の平野部7センチ
箱根から多摩地方や秩父地方にかけて:7センチ
関東地方南部の平野部:5センチ
(東京都23区:1センチ)
東京都心で雪が積もる可能性は低い見込みですが、23区内でも気温の下がりやすい地域ではうっすらと雪の積もる可能性があります。路面状況の変化に注意が必要です。関東の山沿いや山梨県では大雪となる所もありそうです。普段、雪に慣れない地域での雪です。交通機関への影響にご注意下さい。
※予想より降水量が多くなったり、気温が低くなったりした場合は、降雪量がさらに多くなるおそれがあります。

tenki.jp

「気象庁」をもっと詳しく

「気象庁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ