張本さん、やっぱり野球で頭がいっぱい ラグビーなのに「ナイン」とポロリ

1月12日(日)14時20分 J-CASTニュース

張本勲さん

写真を拡大

野球評論家の張本勲さん(79)が、TBS系「サンデーモーニング」への出演で、ラグビーの話題のときに「ナイン」と発言して、ネットで話題になっている。

「年代は違うからね。プレーは見たことないんですよ」。張本さんは、元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さん(38)について、まずこう切り出した。



元日本代表主将の前で、「非常にナインに人望があった」



2020年1月12日放送の「サンデーモーニング」では、廣瀬さんがゲストに招かれ、張本さんらと一緒にスポーツの話題にコメントした。


廣瀬さんは、慶応大や東芝、日本代表で主将としてプレーし、引退後は、俳優としても活動している。


前出の発言は、司会の関口宏さん(76)から、「張さんの(廣瀬さんに対する)印象は?」と聞かれて、答え始めたものだ。張本さんは、こう続けた。


「まあ、どこへ行ってもキャプテンやられたから、非常にナインに人望があったんじゃないですか。生まれ変わったら、こういう人になりたいわね」

張本さんは、満面の笑顔になったが、関口さんは、その発言に、「そうなんですか?」と驚いていた。


この場面では訂正されなかったが、ラグビーの出場選手は、ナイン(9人)ではなく、「フィフティーン」(15人)だ。


19年のW杯以来、日本でラグビー人気が続いている。前日の11日に、大学選手権決勝で23年ぶりの早明戦が行われ、国立競技場は5万7345人の大観衆に沸いた。12日には、トップリーグが開幕したばかりだ。


それだけに、ツイッター上などでは、張本さんの発言にツッコミが相次いでいる。



「テレビを見てツッコミたくなった」



「聞き間違いじゃないかと思ったが...」「ナインちゃうよ 張本さん」「テレビを見てツッコミたくなった」などと、ラグビーファンらから勘違いの指摘が出ていた。


張本さんと言えば、日本のプロ野球への思い入れが非常に強いことで知られる。米メジャーリーグやほかの競技へは、素っ気ない反応が多いとされ、1月12日放送の「サンデーモーニング」でも、クリスマスツリーを投げるドイツの伝統競技について、「つまらない、面白くない競技やるね」などと発言して、ネットで物議を醸していた。


そんな張本さんには、「スポーツは9人でやると思ってそうw」「なんでもかんでも野球にたとえちゃダメ」と苦言も出ている。


一方で、野球ファンらからは、「これくらいはスルーしてあげていいかな」「張本さんには最後までまるくなんないで欲しい」とその発言に理解を示す向きもあった。



(J-CASTニュース編集部 野口博之)

J-CASTニュース

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ