大雪の影響、北陸道でも100台の車が立往生

1月12日(金)12時14分 TBS


 大雪の影響で、北陸自動車道で立往生です。
 石川県の金沢森本インターチェンジと富山県の小矢部インターチェンジの間の上下線で、午前0時ごろに合わせて400台余りの車が雪のため走行できなくなり、午前9時半の時点でもおよそ100台の車が立往生しているということです。

 このほかにも、北陸自動車道は通行止めの区間があり、解除の見通しは立っていません。(12日11:33)

TBS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

北陸をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ