週刊地震情報 2020.1.12 プエルトリコでM6.4の地震 余震も相次ぐ

1月12日(日)11時50分 ウェザーニュース


2020/01/12 10:54 ウェザーニュース

この1週間で、国内で観測された地震回数は前週とほぼ同じ水準です。(1月6〜11日の集計)

国内:9日ぶりに最大震度3以上の地震が発生

国内で震度1以上が観測された地震の回数

4日(土)以降、しばらく日本国内で震度3以上の地震は発生していませんでした。震度3を超える地震が8日間以上なかったケースは、去年10月18〜29日(12日間)以来の間隔です。

そんな中、12日(日)0時55分頃に根室半島南東沖で、マグニチュード4.7の地震が発生。根室市で震度3を観測しています。

地震活動の時間のスパンは人間の活動に比べると非常に長く、比較は容易ではありません。震度3以上の地震は去年1年間で見ても118回発生しています。多少の地震回数の増減を気にしすぎず、いつ大きな地震が来てもおかしくないという心構えが重要です。

世界:プエルトリコでM6.4、余震が多発

世界のM4.5以上の地震(USGSホームページ引用/ウェザーニュース加工)

アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は4回発生しています。最も大きかったのは7日(火)にプエルトリコで発生したマグニチュード6.4の地震です。

深さが10kmと比較的浅かったことや、震源が陸地に近かったため周辺では揺れが強く、多くの建物が被害を受けました。現地当局によるとこの地震で1人が亡くなったとのことです。

今回の地震は前日の6日(月)にマグニチュード5.8が発生しており、いわゆる前震−本震型の地震と見られます。本震発生後も、マグニチュード5前後の余震が続いている状況です。11日(土)にはマグニチュード5.9の地震が起きています。

プエルトリコはカリブプレートと北米プレートの境界に位置し、地震が多く発生しています。島の北側では1943年にマグニチュード7.7の地震が起きた記録が残っています。

参考資料など

※日本国内の震源・震度の情報は特に記載が無ければ気象庁より。海外の震源情報は特に記載が無ければアメリカ地質調査所(USGS)より。発表機関により震源情報に差が生じることがあります。


ウェザーニュース

「地震」をもっと詳しく

「地震」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ