BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

“土人”と呼ばれた目取真俊氏に聞く「米軍基地は沖縄差別の象徴」

ダイヤモンドオンライン1月14日(土)6時0分
画像:いまも基地が残っている以上、沖縄県民にとって戦争は決して遠い過去のことではない、と話す目取真氏。日本本土の人たち(ヤマトゥ)は、どうして他人事と受け止めているのかーー沖縄と本土の溝は深まるばかりだ Photo:ZUMA Press/AFLO
写真を拡大
いまも基地が残っている以上、沖縄県民にとって戦争は決して遠い過去のことではない、と話す目取真氏。日本本土の人たち(ヤマトゥ)は、どうして他人事と受け止めているのかーー沖縄と本土の溝は深まるばかりだ Photo:ZUMA Press/AFLO

「触るなクソ」「土人がーー」高江ヘリパッド建設に抗議する沖縄県民に対して、機動隊が言い放った言葉が、全国で波紋を呼んでいる。その様子をビデオに収めたのが芥川賞作家の目取真俊氏だ。沖縄県出身の同氏は、高江ヘリパッド建設のみならず、名護市辺野古の埋め立てや普天間基地の県内移設に反対し、長年反基地運動を続けている。件の土人発言は沖縄県民に対する“差別”だとの批判が相次いだが、当事者の目取真氏はこれをどう見るのか。沖縄の基地問題と差別の構造について聞いた。


豊かな自然が残る高江村

ヘリパッド建設に機動隊が集結


 広さ約7800ヘクタール、東京ドーム1668個分の広大な敷地をもつ沖縄県の「北部訓練場」。そのうちの約半分(4000ヘクタール)が、2016年12月22日、米軍から正式に日本側へと返還された。


 しかし、その条件として提示されたのが沖縄県東村(ひがしそん)の集落、高江への「ヘリパッド」(ヘリコプターの離着陸場)建設である。


 ヘリパッド建設に反対するため幾度となく高江に足を運んだという目取真氏は、これまで、どのような想いで抵抗を続けてきたのか。


「沖縄に基地があり続けることへの抗議の意味もありますし、高江の豊かな自然をヘリパッド建設で破壊されることに反対しようと抵抗を続けています。ヘリパッドが建設される東村高江区と国頭村安波区は、琉球列島の固有種が数多く生息する亜熱帯の森が広がる、自然豊かな集落です。それが、目の前でチェーンソーが凄まじい音を立てながら、どんどん木々を切っていく。1ヵ月前まで森だったところが赤土むき出しのヘリパッドになっていく。それを目の当たりにする精神的なダメージは大きいですよ」(目取真氏、以下同)


 目取真氏は5年以上も前から高江に足を運び、ヘリパッドの建設に抗議をしているという。そもそも、ヘリパッド建設が決定したのは、米兵による少女暴行事件(1995年)を受けて米軍基地の縮小・撤廃運動が高まった1996年のこと。2016年7月に入ってから、全国から500人以上の機動隊が上陸し、反対派との衝突が報じられたため、他県でも注目を集めることとなった。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

関連ワード

「“土人”と呼ばれた目取真俊氏に聞く「米軍基地は沖縄差別の象徴」 」の関連ニュース

注目ニュース
知的障害者が詐欺被害か 1500万円、連れ回され 共同通信 47NEWS5月1日(月)12時0分
知的障害がある40代男性が、男女数人に大阪市内の飲食店などを連れ回され、代金の支払いとして計約1500万円を現金自動預払機(ATM)から引…[ 記事全文 ]
線路に伏せる男性、電車が通過して停車…姿消す 読売新聞5月1日(月)12時19分
1日午前5時35分頃、名古屋市営地下鉄名港線の東海通駅(名古屋市港区)で、同駅に入ってきた金山方面行き電車(6両編成)の男性運転士(37)が線路に立ち入った男性が伏せる様子を確認、急ブレーキをかけたが、電車は男性の頭上を約5メートル通過して停車した。[ 記事全文 ]
首都高でトレーラー火災 積み荷燃え、けが人なし 共同通信 47NEWS5月1日(月)11時20分
1日午前3時35分ごろ、東京都千代田区大手町1丁目の首都高速道路都心環状線内回りの神田橋出口付近で、トレーラーから出火したと119番があっ…[ 記事全文 ]
薬品で遺体溶かした疑い 暴力団関係者ら3人逮捕へ 共同通信 47NEWS5月1日(月)12時15分
知人の男性の遺体を薬品で溶かしたとして、神奈川県警が死体損壊の疑いで、暴力団関係者の男ら3人を1日に逮捕することが捜査関係者への取材で同日…[ 記事全文 ]
<受動喫煙対策>大臣室=喫煙は可なり 人事院指針に逆行 毎日新聞5月1日(月)5時0分
◇閣僚執務室23カ所のうち10カ所は、大臣判断で喫煙可能に政府が2020年東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙対策を進める中、毎日新聞…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア