9時オープンを10時半にしたら、 どうして残業が減ったのか?

1月14日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

小山昇(Noboru Koyama)株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。2004年からスタートした、3日で108万円の現場研修(=1日36万円の「かばん持ち」)が年々話題となり、現在、70人・1年待ちの人気プログラムとなっている。『1日36万円のかばん持ち』 『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』 『強い会社の教科書』 (以上、ダイヤモンド社)などベスト&ロングセラー多数。

写真を拡大

小池都知事が「夜8時には完全退庁を目指す」、日本電産の永守社長が「2020年までに社員の残業をゼロにする」など、行政も企業も「残業ゼロ」への動きが急加速中!

株式会社武蔵野は、数十年前、「超ブラック企業」だった。それが日本で初めて日本経営品質賞を2度受賞後、残業改革で「超ホワイト企業」に変身した。

たった2年強で平均残業時間「56.9%減」、1.5億円もの人件費を削減しながら「過去最高益」を更新。しかも、2015年度新卒採用の25人は、いまだ誰も辞めていない。

人を大切にしながら、社員の生産性を劇的に上げ、残業を一気に減らし、過去最高益を更新。なぜ、そんな魔法のようなことが可能なのか?
『残業ゼロがすべてを解決する』の著者・小山昇社長に、「開店時間を遅くしたら残業が減った理由」について語ってもらおう。


時間に「仕事」を割り振ろう


 武蔵野の社長は、誰よりもたくさんの案件に携わり、誰よりも成果を挙げ続けなければなりません。


 わが社の社員が社長になりたがらないのは、私の仕事ぶりを見ているからです。

 彼らは、冗談半分・本気半分で、「武蔵野の社長になったら、忙しすぎて死んでしまう」と話しています(笑)。


 私は、毎日、約850人の従業員の陣頭に立っています。

 そして、経営サポート会員のコンサルティングに出向き、年間240回の講演・セミナー・お客様訪問をし、年に数冊の書籍を執筆。夜は、誰よりも多く飲み会に参加している(笑)。


「よくそんなにたくさんの仕事ができますね」と驚かれますが、仕事ができる理由は、「時間に仕事を割り振る」からです。


 つまり「この仕事は1時間でやり、○時には終わらせる」と決めたら、1時間後になんとしても終わらせる。

 毎日、分刻みのスケジュールが入っているので、時間を延ばすことはできません。

 だから、決められた時間内で終わらせる努力をします。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

残業をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ