BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

本気?小学館が『小学8年生』刊行 「中学2年生の新呼称?」

J-CASTニュース1月14日(土)12時0分
画像:2016年7月に発売された「小学8年生」の表紙
写真を拡大
2016年7月に発売された「小学8年生」の表紙

小学館の定番学習誌「小学○年生」が、思いも寄らぬ「進化」を遂げたとインターネット上で話題を呼んでいる。なんと、『小学8年生』と題した学習誌が2017年2月に発売されるというのだ。

いったいなぜ、実在しない小学「8」年生を誌名に採用したのか。ツイッターには、「意味がわからない」「ネタかと思った」などと困惑の声が続出している。J-CASTニュースは、同誌の編集長に誌名の由来を聞いた。



休刊相次ぎ、残るは『小学一年生』のみ




1922年(大正11年)から刊行されている小学館の看板学習誌「小学○年生」。ピーク時には1誌あたり数十万部の売上を記録していたが、近年は少子化や子供の趣味の多様化などから売上が低迷。2009年には『五年生』と『六年生』が、12年には『三年生』と『四年生』が順次休刊となった。



さらに、2016年12月26日発売号(首都圏など)をもって『小学二年生』も休刊に。現在も刊行が続いているのは『小学一年生』の1誌だけだ。



そんな中、いまネット上を中心に大きな注目を集めているのが、17年2月15日に発売される『小学8年生』という雑誌だ。一応、休刊したばかりの小学二年生の増刊号という位置付けだが、公式サイト上には、



「小学生なら何年生でも大かんげい!新しいざっし『小学8年生』のはつ売がけってい!」


という子供向けのメッセージが記されている。



この『小学8年生』という風変りな誌名をめぐり、ネット上の「大人たち」からはツッコミが続出。ツイッターやネット掲示板には、



「ネタかと思ったらマジだった」

「何がどうなったらそうなるの?」

「中学二年生の新呼称かな?」

「まってまって意味がわからない」


といった投稿が数多く出ている。



デジタル表記で「1から6まで好きな数字にできる」



いったいなぜ、小学「8」年生なのか。同誌の斎藤慎編集長は1月12日のJ-CASTニュースの取材に、



「デジタル数字の8は白塗りになっていまして、雑誌を買った子供が数字のパーツに色を塗ることで、1から6まで好きな数字にすることができます」


と説明する。つまりは、単純な「8年生」ではなく、自分で学年を決められる「○年生」というイメージに近い誌名なのだという。



このように「学年の枠」をなくした雑誌とした理由については、



「学年誌が徐々に消えていくことに、編集者として寂しさを覚えていました。ただ同時に、学習誌自体の需要は決して無くなってはいないとも感じていました。実際、休刊となった学年誌にも万単位の読者がいましたから。そこで考えたのが、学年を問わず楽しんで頂ける『8年生』です」


と話す。



ただ実は、「小学8年生」が発売されるのは今回が初めてではない。16年7月にも一度同名の雑誌が発売されているが、その際は「一部の人の間でしか話題になりませんでした」(斎藤編集長)。そのため、今回の大反響については、



「なんでこのタイミングで注目を集めたのか分かりません。どうせなら、2月の発売直前に話題になってくれれば良かったのに(笑)」


と冗談めかしつつ、不思議そうに話していた。



なお、全学年向けの『8年生』が発行された後も『小学一年生』は引き続き発行される。そのため、斎藤編集長は「1年生は引き続き、そちらをお読みいただければと思います」としていた。



すでに17年2月発売分以降の刊行も決まっているといい、5月には「第2号」、7月には「第3号」が発売予定だとしていた。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「小学館」「小学8年生」「学習」「インターネット」の関連トピックス

「本気?小学館が『小学8年生』刊行 「中学2年生の新呼称?」」の関連ニュース

注目ニュース
Jリーグのネット中継スタート 視聴できず不満の声も 共同通信 47NEWS2月25日(土)20時53分
10年間で約2100億円の巨額契約により、サッカーJリーグの全試合を中継、有料配信するサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が25日のJ1開幕…[ 記事全文 ]
俳優の岡田准一さんらと会食=安倍首相 時事通信2月25日(土)0時2分
安倍晋三首相は24日夜、東京・西麻布のフランス料理店で、俳優の岡田准一さん、鈴木亮平さんと会食した。[ 記事全文 ]
<森友学園>不認可の可能性言及 大阪知事 毎日新聞2月25日(土)22時13分
大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を鑑定額より安く取得した問題に関し、松井一郎知事(日本維新の会代表)は2…[ 記事全文 ]
【歴史戦】日本政府が異例の対応 米地方自治体の介入看過できず、慰安婦像撤去訴訟で 産経新聞2月25日(土)9時3分
2014年2月から続く米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤去訴訟で、日本政府が米連邦最高裁に第三者意見書を提出する異例の対応に乗り…[ 記事全文 ]
外食やコンビニ弁当を続けていると・・・ 「ミネラル不足」で大変なことに J-CASTニュース2月25日(土)9時0分
市販の弁当や加工食品、外食の多くは栄養分のミネラルが不足、慢性病の原因になっていると、NPO法人「食品と暮らしの安全基金」(小若順一理事長…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア