杉原紙の原料、コウゾの川さらし本格化 兵庫・多可の杉原紙研究所

1月14日(日)11時0分 神戸新聞

コウゾの白皮を川面に打ち付ける職員ら=多可町、杉原川

写真を拡大

冬型の気圧配置の影響で、兵庫県西脇市で今季最低となる氷点下7・5度を記録した13日、杉原紙研究所(多可町加美区鳥羽)前の杉原川では、職員らが県指定重要無形文化財杉原紙の原料となるコウゾを川面に打ち付け...

神戸新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

冬型をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ