震災被災児をケアした「浜風の家」 閉館後も建物存続の可能性 県が公募方法変更か

1月14日(日)21時28分 神戸新聞

保存が検討される浜風の家のシンボルクスノキ=14日午後、芦屋市浜風町(撮影・三津山朋彦)

写真を拡大

「浜風の家」は3月中に取り壊し更地にして兵庫県に返還する予定だったが、14日の最終イベントに出席した県幹部が今後の利用について「建物付きで利用者を公募することを検討している」とした。建物が存続する可能...

神戸新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

公募をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ