<ソフトバンク>工藤監督が病院慰問 子供たちと交流

1月14日(日)19時30分 毎日新聞

入院中の子供にサインボールを手渡す福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督=福岡市の市立こども病院で2018年1月14日、宮崎隆撮影

写真を拡大


 プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督が14日、福岡市東区の市立こども病院を訪れ、病気で入院している子供たちとユニホーム姿で交流した。


 球団グッズを手渡したり、質問に答えたりの約1時間。入院中の橋本旬平さん(7)はボールにサインをしてもらい「励ましてもらってうれしかった」と笑顔を見せた。


 昨年の訪問時には子供たちと優勝を約束し見事日本一に。「みんなの思いが一つになって約束を果たせた。今年も一つ一つ勝ちます」と工藤監督も力をもらっていた。【宮崎隆】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

子供をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ