BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

【軽井沢スキーバス転落事故】国土交通省再発防止の通報窓口に44件 14件で調査・監査に着手、行政処分も

産経新聞1月14日(土)6時5分
画像:貸し切りバス事業者に対し街頭監査する国土交通省の監査官ら=13日午後、東京都新宿区(福島範和撮影) 
写真を拡大
貸し切りバス事業者に対し街頭監査する国土交通省の監査官ら=13日午後、東京都新宿区(福島範和撮影) 

 長野県軽井沢町で昨年1月、大学生ら15人が死亡したスキーバス転落事故を受け、再発防止策として国土交通省に設置された通報窓口に昨年12月までの4カ月間で44件の通報があったことが13日、分かった。法定基準運賃の下限を下回る額で貸し切りバスの契約が交わされた疑いが強いとして、国交省はすでにバス運行会社に対し立ち入り検査などを行う監査に着手。早ければ平成28年度内にも通報制度経由で初の行政処分が下される見通しだ。

 国交省によると、通報窓口は昨年8月末に設置され、12月末までの4カ月間で44件の通報があった。うち14件が調査に着手できると判断。調査の結果、法定基準運賃の下限を下回る額で貸し切りバスの契約がされた疑いが強いケースが判明。監査に切り替え、事業所への立ち入り検査や従業員の聴取などを行い、全般的な法令違反の有無を厳しく調べている。

 通報したのは全国のバス運転手やバス運行会社で、対象は大手から中小に及ぶ。「うちは最低下限運賃で受注していたのに、他社が受注できるのはおかしい」「うちの会社は下限割れの疑いがある」などと通報があったという。

Copyright 2017 SANKEI DIGITAL INC.

はてなブックマークに保存

産経新聞

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「【軽井沢スキーバス転落事故】国土交通省再発防止の通報窓口に44件 14件で調査・監査に着手、行政処分も」の関連ニュース

注目ニュース
パプアニューギニアでM8・4 津波の心配はなし 産経新聞1月22日(日)14時55分
22日午後2時半(日本時間午後1時半)ごろ、南太平洋のパプアニューギニア付近で地震が発生した。[ 記事全文 ]
走行中のポンプ車から転落、消防団員が重体 千葉・市原 TBS1月22日(日)14時7分
22日午前、千葉県市原市で走行中の消防ポンプ車から消防団員の男性が転落する事故がありました。男性は意識不明の重体です。[ 記事全文 ]
<一畑電車>最古の「3000系」引退 22日ラストラン 毎日新聞1月22日(日)12時26分
一畑電車(島根県出雲市)で最古の車両「3000系」が老朽化に伴い、22日に“引退”する。[ 記事全文 ]
岸田外相、“尖閣”は米の対日防衛義務確認も TBS1月22日(日)12時21分
岸田外務大臣は、来月上旬に向け調整されている日米首脳会談の際に、中国が領海侵入などを繰り返す沖縄の尖閣諸島が、アメリカの対日防衛義務を定め…[ 記事全文 ]
徳島の団地で発砲か、ガラスに穴 女性宅、けが人なし 共同通信 47NEWS1月22日(日)13時39分
21日午後7時50分ごろ、徳島市国府町竜王の徳島県営竜王西団地の一室で、住人の女性から「パスンという音がして窓ガラスに穴が開いている」と1…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア