成人式 開催時期の地域性 あえて夏に行うのは天気の影響も

1月14日(月)5時20分 ウェザーニュース


2019/01/14 05:46 ウェザーニュース

今日1月14日(月)は成人の日です。この日の前後に成人式を行う市区町村が多いですが、5月の連休や8月のお盆に行うところも少なくありません。

19年前まで「成人の日」は1月15日

今年の「成人の日」は、1月の第2月曜日(ハッピーマンデー制度)ということで1月14日です。しかし、1999年までは1月15日が「成人の日」でした。この日は小正月(こしょうがつ)で、かつては元服の儀が行われていたためです。

ちなみに元服とは、男子が12〜16歳頃に大人の服に着替え、子どもの髪型を大人のものに改めて氏神(近所の神社)に詣でる儀式でした。

豪雪地帯は5月派と8月派に

「成人の日」(あるいはその前日)に市区町村が主催して成人式を行うケースが多いですが、「こんな時期にやっていられない!」というのが豪雪地帯です。大雪の中、成人式の会場に着物で行くのは一苦労。貸衣装なら洗濯代も心配です。

そこで成人式を1月に行わずに別の時期を選んでいます。たとえば、豪雪で知られる新潟県長岡市では、地域によって5月3日(長岡地域など)、8月14日(山古志地域)、8月15日(中之島地域など)に分かれています。

「2000年代に入って周辺市町村と合併が進められましたが、合併以前から独自にやっていた成人式を踏襲しています。連休の間の5月3日に行うのは着物が着られるため、8月のお盆期の14日ないし15日に行うのは昔から帰省する人が多いためです」(長岡市青少年育成課)

成人式の日程は市区町村が独自に定めています。1月以外に行うのは、やはり秋田県、山形県、新潟県など豪雪地帯に多いようです。成人式の日程も気候が関係しているのですね。

ちなみに今年平成31年は珍しく、全国的に比較的穏やかな天気の成人の日となりそうです。



ウェザーニュース

「成人式」をもっと詳しく

「成人式」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ