「国道16号線」でこれだけ熱く語れるのはなぜか?

1月16日(土)6時0分 JBpress

 国道16号線は、東京の中心部からほぼ30キロ外側にある全長約330キロの環状道路だ。スタートは三浦半島の付け根に位置する神奈川県横須賀市走水。東京湾に沿って北上し横浜を経て内陸部に入る。東京都(町田、八王子、福生)を抜けて埼玉県(入間、狭山、川越、さいたま、春日部)を過ぎたら、千葉県(野田、柏、千葉、市原)へ。到着した富津岬から東京湾越しに見えるのはスタート地点の横須賀だ。これで国道16号線をぐるりと一周したことになる。

 著者が注目したのは国道16号線そのものだけではなく、国道16号線が走る「地形」だ。この国道16号線エリアが旧石器時代から現代に至るまで日本の文明と文化、政治と経済を動かし続けてきた、という。『国道16号線 「日本」を創った道』(新潮社)を11月15日に上梓した柳瀬博一(やなせ・ひろいち)東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授に話を聞いた。(聞き手:竹添千尋 シード・プランニング研究員)

──「国道16号線は日本最強の郊外道路である」と書かれています。今回の新型コロナウイルスの影響により首都圏から郊外への人の流れは加速するでしょうか。

柳瀬博一氏(以下、柳瀬):既に様々なメディアで報道されているように、東京都心から流出する人の数が増えています。実際に八王子や町田、あるいは柏、少し内側に入りますが流山といった16号線沿いでは、新規に住宅を賃貸したり購入したりする人たちの数が増えています。

 ただ、これは新型コロナウイルス感染拡大前から起きている現象です。全年代で見ると、いわゆる都市集中が進んで23区の人口が増え、古くなってしまったベッドダウンやニュータウンでは人口が減っているという傾向がありました。その一方で、流山市や柏市、町田市、八王子市、日野市といった16号線エリアでは0歳〜14歳の子どもの人口がここ数年ずっと増えています。子育て世代が積極的に首都圏郊外に住むようになっていたのです。

 近現代の人々は自分の住む場所を、勤務地からどれだけ離れているのか、通勤にかかる距離や時間を軸に考えてきました。丸の内や大手町、六本木など東京の中心部を山の頂上だとすると、不動産価格は頂上からの距離に比例してだんだん下がっていきます。我々はこのような、いわば「通勤至上主義」の価値が支配する世界でずっと生きてきました。

 ところが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、リモートワークをせざるを得なくなり、通勤しなければいけない日が減りました。今まで住まいを決める際の最も重要なファクターだった通勤時間そのものが消えてしまった時、多くの人々が「自分は一体どこに住みたいのだろうか」「住まいに求めるものは何なのか」と改めて考えるようになったはずです。

 通勤があるなしに関わらず、都心の繁華街の近くに住みたい人もいるでしょう。一方で、海辺や山、川が近いところ、スポーツ施設が充実しているところに住みたい人もいるでしょう。恐らく必ずしも全員が東京の中心から近いところに住みたいわけではなく、それぞれの人がそれぞれに住みたい場所がある。多様なニーズがあるはずなんです。その潜在的なニーズが、コロナによるリモートワークによって通勤そのものがなくなったり減ったりした時に顕在化しました。


旧石器時代からの記憶が眠る国道16号線の地形

柳瀬:リモートワークにおいてZoom(ズーム)やMicrosoft Teams(チームズ)を使って仕事をすると、もう一つ問題が生じました。

 例えば、オンライン会議をするにしても、自宅に家族がいると一つの空間に何人かの人がいることになって都合が悪い。そうなると広い家、部屋数の多い家が必要になってきますが、東京の中心で広い家に住むにはお金がかかりすぎます。

 一方、週に数回はリモートワークをするかもしれませんが、まったく通勤しないわけでもないから、あまり職場が遠くても困る。そうするともともと通勤圏として開発されてきた16号線のエリアは、広めの家に住むことと1時間程度の通勤時間という条件が両立できます。

 近くに海や山、川があって、スポーツ施設も充実していますし、地域的には横浜や相模原、さいたま、千葉など政令指定都市ですからまったくの田舎ではないわけです。都心に劣らないサービスを享受しながら、郊外型の生活ができる最適な場所──。そのように考えて積極的に選択する人が増えていくのではないでしょうか。

 今後、新型コロナウイルス感染拡大が終息していっても、今のようなリモートワークの働き方がある程度定着していけば、元のようにみんながみんなラッシュにもまれて通勤するかというと、そうではない選択をする業態や企業もたくさん出てくると思います。

 それが周辺人口も含めた首都圏の人口2000万人の内のたとえ1割だとしても、100万人、200万人になります。政令指定都市1つか2つ分のマーケットですから、とても大きい。自分が暮らしやすい場所や広い家を選ぶ人たちの何割かが、この16号線エリアを積極的に選ぶケースは今後減ることはないでしょう。

──国道16号線エリアに連なる、山と谷と湿原と水辺がワンセットになった「小流域」の地形が人々を惹きつけて日本の文明が発展してきたと述べられています。

柳瀬:1980年代から30年来、慶應義塾大学の恩師である岸由二先生が主導されてきた小網代の自然保全活動に携わってきました。小網代は三浦半島の先端にあるので、横浜から車や電車を使うと常に国道16号線を通ったり、交わったりしながら向かうことになります。

 また同時期に、例えば矢沢永吉さんやユーミンさん、大瀧詠一さんらの音楽や矢作俊彦さんのハードボイルド小説、上條淳士さんの漫画、映画「スローなブギにしてくれ」など様々な文化が16号線を舞台にしていたり、つながったりしていることに気がついて興味を持つようになりました。

 16号線が音楽や文学などの文化を生んだカギは、「軍」「シルク」「港」にあります。今でも横須賀や福生には米軍基地がありますし、かつては入間や立川にもありました。さらに遡ると、それらの基地は第2次世界大戦が終わるまでは旧日本軍の陸海軍基地でした。

 それから16号線の中でも特に「日本のシルクロード」と呼ばれた八王子から横浜までの道を通じて、近代日本の経済において重要な産業であった生糸が横浜港から世界へ向けて輸出されました。

 さらに遡っていくと、16号線沿いには多くの中世の「城」があり、縄文時代の遺跡や貝塚が多く見つかります。そうやってあれこれ辿っていくと、旧石器時代、縄文時代から中世、現代に至るまで各時代の様々な文化が、しかも豊潤な形で刻まれている。このそれぞれのレイヤー(層)をミルフィーユのように積み重ねていったら、何か新しいものが見えるのではないか、と考えました。

「人々が暮らしている土地の地形や気候、自然環境の違いがその地域の人々の生活や文化、文明のかたちを規定する」とジャレド・ダイアモンドが『銃・病原菌・鉄』の中で書いています。日本列島は4つのプレートがぶつかってできており、大地のシワのような土地があります。その中でも一番複雑な、3つのプレートが一箇所に集まった先に首都圏の地形があって、16号線はその複雑な地形の縁を走っています。国道16号線の下にあるこのユニークな地形こそが、日本の文明や文化を規定した側面があったのではないか、というのが私の仮説です。


社会の豊かさや発展には「理系」の情報発信が不可欠

 アメリカの生物学者のエドワード・O・ウィルソンは、「バイオフィリア(生物愛)」、すなわち人間には自然が豊富で生き物がたくさんいる環境を愛する本性があるといっています。そのバイオフィリアが一番フィットする場所は山と谷と水辺と湿原がある場所だとウィルソンは記しています。アフリカで人類が誕生して以来変わらない人間が一番好きな場所の形というわけですが、それはまさに16号線沿いに並ぶ「小流域」の地形そのものです。

 16号線が走る首都圏の地形は実にユニークで複雑です。関東平野をつくった巨大な古利根川がつくった渓谷にいくつもの大きな川が流れ込み、それが遠浅の東京湾になりました。氷期と間氷期を経て、海面が上昇と後退を繰り返し、大きな川沿いにはいくつもの台地ができあがりました。

 さらに、プレート運動によって、リアス式海岸が並び、急峻な土地が先端部にある三浦半島と房総半島という2つの半島が突き出し、黒潮とぶつかりました。結果として今16号線が通っているエリアには、人類が生まれてからずっと好きだった地形である小流域が台地と丘陵の縁に無数に形成され、数珠繋ぎのようにぐるりと連なっています。

 小流域には小さな地形の中に人間が暮らすためのすべてがワンセットで揃っています。流域の高台では雨に降られても洪水に遭わずに暮らすことができるし、谷の源流ではきれいな水がすぐ手に入る。谷沿いを降りれば低地に小さな湿原ができる。農業とりわけ田んぼつくるのに向いています。

 また、水辺には他の動物が来るわけですから狩りにも向いている。谷は必ず大きな川や海につながる。船に乗って移動がしやすく、海辺ならば、河口には干潟ができて、貝やカニやエビや魚を捕って漁もできる。これらのことを考えると、この16号線の地形に日本人が旧石器時代からずっと住み続けていたのは地形から見ると必然だった、といえるのではないかと思います。

──現在、東京工業大学ではどのようなことを教えていらっしゃるのでしょうか。

柳瀬:私はもともと学者ではありません。2018年まで日経BP社で記者、編集者、広告プロデューサー仕事をしていました。2018年4月から東京工業大学のリベラルアーツ研究教育院、かつて教養課程といわれたところでメディア論を担当しています。

 現代は科学と技術の情報発信が非常に重要な時代です。東日本大震災の原発事故や今回のコロナウイルスで明らかになったように、科学技術の現場の人が説明責任を負っていて、彼らが情報を発信しないと我々は正確な情報を知ることができません。

 福島第一原子力発電所の所長だった吉田昌郎さんは東京工業大学の卒業生ですし、今も新型コロナウイルス感染拡大の中で一番重要な情報を発信し続けているのは、西浦博先生や尾身茂先生といった理系の専門家の方たちです。科学者や技術者の方に当事者として、いかに正確に情報発信をしていただけるか、それが我々の社会の安定や発展や幸せと直結しています。将来その担い手になるかもしれないのが東京工業大学の学生たちなんです。

 メディア論というと、文系の学部のジャーナリズム論やメディアマーケティング論といった内容をイメージされるかと思います。しかし、私が考えているのは、メディアにおいて大きな役割を果たしているのはむしろ理工系ではないか、ということです。

 東京工業大学は理工系の専科大学です。約30年間メディアの現場で雑誌や書籍、webメディアをつくってきて痛感したのは、メディアはテクノロジーから生まれ、テクノロジーに頼っているということです。米アップルのiPhoneのように新しいサービスやメディアというのは、必ず科学と技術が作り出すもので、それに従来のコンテンツを乗せて走らせていく。ですから、科学技術を抜きにメディアの話をすることはできないと考えています。


一番好きな16号線の風景は根岸から走水にかけて

──16号線以外に興味を持っていらっしゃる地域と、一番好きな16号線エリアの場所を教えてください。

柳瀬:先ほどお話したように16号線の地形のポイントは、巨大の内海を台地と丘陵が取り囲んでいて小流域がたくさんあるということです。16号線エリア以外でも、日本で文明が発達した場所は、同じ条件を整えているところが多い。

 典型は長野県の諏訪湖エリアです。巨大な内海である諏訪湖の周辺を山が取り囲んでいて、小さな流域が流れ込んでいる。諏訪湖は日本を代表する精密機器企業の発祥地ですが、16号線と同じようにやはりシルク、生糸のメッカでもありました。

 近畿地方ではやはり京都や奈良が注目されがちですが、忘れてはならないは、その横にある琵琶湖地域です。琵琶湖も丘陵地帯と山で囲まれていて、小流域が流れ込む北部には日本海がすぐ近くに迫っています。大阪にはやはり巨大な干潟があり、日本最大の内海である瀬戸内が広がっています。

 そうやって見てみると、日本というのは巨大な内海に流れ込む河川の間にできた山や台地、丘陵地帯に連なる小流域に文明ができている、といえるのではないか。今回、私が書いたような形でほぐしていくともっと面白い文明の見方ができるのではないかと思います。

 16号線で一番好きなのは、幼少の頃から住んでいた場所というのと学生時代から通っていたということもあって、横浜の根岸のあたりから横須賀の走水まで抜けるところです。狭い谷といくつものトンネルを抜けた先にバーッと海と空が広がる。僕の16号線の原風景の一つになっています。(構成:添田愛沙)

筆者:竹添 千尋

JBpress

「国道」をもっと詳しく

「国道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ