NHK、「北朝鮮ミサイル発射」の誤報 「建物の中や地下に避難を」→5分後「Jアラートは出ていません」

1月16日(火)19時41分 J-CASTニュース

アプリでも速報が配信

写真を拡大

NHKは2018年1月16日の18時55分、ウェブサイト「NHK NEWS WEB」で「北朝鮮ミサイル発射の模様 Jアラート 政府"建物の中や地下に避難を"」と速報を発表したが、19時に「北朝鮮ミサイルの発射という速報は誤りでした」「Jアラートは出ていません」と訂正した。

同サイトのほか、アプリなどでも「速報」が配信され、一時騒然となった。




鈴木アナが謝罪



同時間帯に放送していたニュース番組「ニュース7」でも19時10分ごろ、鈴木奈穂子アナウンサーが「誤って出したものでJアラートは出ていません」と訂正し、「大変失礼致しました」と頭を下げた。



NHKが速報を発表したことで、18時55分に速報が出された直後から、ツイッターでは多くの人が反応し、「Jアラート」「北朝鮮ミサイル発射の模様」などの言葉がツイッターのトレンドワードに入った。



Jアラートが鳴らないことやテレビでも触れられなかったことから、



「ミサイル発射したっぽいけど携帯鳴らないけどなんで?」

「ミサイル発射されたらしいのに、Jアラート無い?」

「NHK通知ミサイルってきたのにテレビやってない?」

「んん?NHKのニュースで北朝鮮がミサイル発射ってきたんやけどJアラートなってるとこないよね?なんだこれ」


と、困惑する様子だった。



自民党の和田政宗・参院議員もミサイル発射の速報を受けて避難を促すツイートを投稿したが、その後誤報であったことで削除し、



「ミサイル発射のNHKニュース速報は誤り。『北朝鮮ミサイル発射の模様という速報は誤りでした Jアラートは出ていません』。 NHKの速報を先程そのままツイートしましたが、削除いたします。」


と、訂正した。



(追記)速報を誤って配信した原因について、NHKの広報担当者は16日21時すぎ、J-CASTニュースの取材に、


「インターネットに速報を配信する装置で、担当者が他の項目を押そうとしていたところ、誤って操作してしまった」

と答えた。

J-CASTニュース

「誤報」をもっと詳しく

「誤報」のニュース

BIGLOBE
トップへ