タイ拠点詐欺、リーダー格逮捕=グループ創設者か—警視庁

1月16日(木)19時1分 時事通信

 タイ中部パタヤを拠点にしていた日本人の特殊詐欺グループが摘発された事件で、警視庁捜査2課は16日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で、いずれも住所職業不詳の安武健吾(36)、平田晋平(34)両容疑者を逮捕した。それぞれ容疑を否認、黙秘している。
 同課によると、安武容疑者がグループのリーダー格で、創設者とみられる。日本から平田容疑者を通じ、タイで詐欺の電話をかける「かけ子」らに対し、「月のノルマ1.5億円稼げ」などと指示を出していたという。
 事件をめぐっては、警視庁などが昨年5月以降、計26人を逮捕している。このグループが関与した疑いがある特殊詐欺の被害は昨年1〜3月で計約3億円に上るという。 

[時事通信社]

時事通信

「詐欺」をもっと詳しく

「詐欺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ