奈良の少女「生活いやだった」 誘拐容疑で姉ら逮捕

1月16日(木)23時5分 産経新聞

行方不明になっていた女子生徒が保護された民家=大阪府東大阪市

写真を拡大

 奈良県葛城市の病院から行方不明になっていた県内に住む高校1年の女子生徒(16)が16日、大阪府東大阪市内の民家で保護された。けがはなかった。民家には女子生徒の姉ら男女3人がおり、奈良県警は同日、女子生徒を連れ去ったとして未成年者誘拐容疑で3人を逮捕した。

 逮捕されたのは、女子生徒の姉で同市の無職の女(21)▽同市の無職の女(24)▽和歌山市永山のアルバイト店員の男(30)−の3人。逮捕容疑は9日午前9時45分〜同10時10分ごろ、葛城市でレンタカーに女子生徒を乗せ、連れ去ったとしている。

 県警によると、16日午前、男が「生徒を保護している」と県警高田署に通報。民家に駆けつけた署員らが1階の居間にいた女子生徒を保護した。拘束された痕などはなく「今の生活がいやだった」との趣旨の話をしているという。

産経新聞

「逮捕」をもっと詳しく

「逮捕」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ