九州で雨の範囲広がる 明日17日(金)にかけ西日本の山間部は雪に

1月16日(木)17時40分 ウェザーニュース


2020/01/16 17:16 ウェザーニュース

西から近づく低気圧の影響で、九州の雨の範囲が次第に広がってきました。昼過ぎから雨が降り出した鹿児島県や宮崎県に加え、熊本県でも夕方になり降り出しています。

明日17日(金)朝には四国や近畿の太平洋側でも雨が降り出す見込みです。

標高の高い所は積雪のおそれ

発達した雲は海上を進むため、雨の強まる心配はありません。一方で、上空に冷たい空気が流れ込み、標高の高い山間部では雪になる見込みです。

九州山地や四国山地、紀伊山地など、標高が500mを超えるような所では積もるおそれがあります。車で山間部を移動する場合は、滑り止めが必要になることがあるため、念のため準備をしてください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)


ウェザーニュース

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ