来週19日(火)は強い冬型の気圧配置 北日本や北陸で大雪・吹雪に警戒

1月16日(土)18時0分 ウェザーニュース

2021/01/16 17:30 ウェザーニュース

ここ数日は春を思わせるような暖かさとなった所があった日本列島ですが、明日以降は再び冬が戻ってきます。特に来週19日(火)頃は強い冬型の気圧配置になり、北日本から北陸にかけての広い範囲で大雪や吹雪に警戒が必要です。

強い寒気が日本上空に流入

19日(火)の予想天気図

明日17日(日)の冬型は一時的で、週明けの18日(月)になると日本海に新たな低気圧が進んで冬型が緩みます。低気圧は今日と同じように北海道付近を発達しながら通過し、19日(火)は冬型の気圧配置が強まる見込みです。
平地で雪になる目安の上空1500m付近で−6℃以下の寒気は本州南岸まで南下し、さらに強い−12℃以下の寒気が北日本から北陸を覆います。寒気の形状は「くさび形」と呼ばれる先端が尖ったような形で、長く居座ることはないものの、ピーク時は厳しい寒さと強い雪をもたらすパターンです。
西日本への寒気の流入は弱く、九州などで雪になる可能性は低いと見られます。

北日本や北陸は大雪、吹雪に警戒を

来週前半の天気と気温

北日本の日本海側や北陸では局地的に雪が強まり、山沿いの多い所では1日で40〜50cmの大雪となるおそれがあります。低気圧に近い北海道の道東でも湿った雪が強まり、数10cmの積雪が予想されます。
また、等圧線の間隔が非常に混み合うため風も強まり、北日本の沿岸部では瞬間的に30m/sを上回るような暴風となる可能性があります。大雪による積雪増加に加え、吹雪による視界の悪化や吹き溜まりなどの危険性も高まりますので、警戒が必要です。
年末年始のように大雪や吹雪が長い期間続くことはなく、20日(水)には天気が落ち着いていきます。

ウェザーニュース

「冬型」をもっと詳しく

「冬型」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ