「二十歳すぎると時の流れがほんと早いから」 朝日、読売、産経、東京の成人式社説はどう“激励”した?

1月17日(金)6時0分 文春オンライン

 新聞ウォッチャーにとって今年もたまらない日がやってきた。「成人の日」です。


 新聞を擬人化すればゴリゴリのおじさん。そんなおじさんが新成人にメッセージをおくる。もう危険な香りしかしない。「おじさんはすでに成人している」という謎の絶対優位が発生するのが「成人の日」なのである。



©iStock.com


 今年はどんな激励があったのか。まずは東京新聞の一面コラム「筆洗」


《成人の日である。門出に説教じみてしまうが、二十代が一生に最も大きな影響を与える時期だとすれば、その季節を大切に過ごしていただきたい》


 説教じみてしまうと言いながらやっぱり言っちゃう。


 締めはこれ。《これだけは覚えておいた方がいい。二十歳すぎると時の流れがほんと早いから。》


 ああ、もうグチだこれ。


 次は朝日の社説をみてみよう。


朝日の伝統芸は「若者に社会参加を促す」


「社説 成人の日に 社会は動く、動かせる」


 朝日の成人の日社説といえば「若者に社会参加を促す」のが伝統芸だ。


 2012年の「尾崎豊を知っているか」は最高だった。


《ああ、またオヤジの「居酒屋若者論」か、などと言わずに、聞いてほしい。キミが生まれた20年前、ロック歌手・尾崎豊が死んだ。》



 いきなり新成人に絡みだし、


《彼が「卒業」「15の夜」といった曲で歌ったのは、大人や社会への反発、不信、抵抗。恵まれていないわけじゃないのに、「ここではない、どこか」を探し、ぶつかり、傷つく。その心象が、若者の共感を呼んだ。》


 最後まで酔っぱらっていた。


 あれから8年後、今回の朝日社説は、


《入試や就活で、大人は若者に「主体性」を求める。ならば、その前から自分で歩く力をつけてもらうために、歯がゆさをこらえ、見守る。成人の日を、大人の側がそんなことを確かめ合う機会にしてはどうだろう。》


 大人の側にダメ出しを始めた。「成人の日」におじさんがおじさんに説教し始めたのである。考えてみればいつもの社説ではないか。



絶妙な「元高校教師(80歳)」の読者投稿


 毎日新聞の社説は成人の日についてふれていなかった。しかし!


 社説のすぐ隣に配置されていた読者投稿が輝いていたのだ。そのタイトルは、


「青年よ、スマホから離れよ」(元高校教師 80歳)


 待ってました元高校教師師匠!


 師匠によれば毎朝の散歩の途中に「異様な光景」を見かけるという。それは高校の送迎バスの風景。


《誰一人としておしゃべりもせず、ただただスマホに熱中する様子は気味が悪くなるほどです。》


《朝のあいさつや家での出来事など話のタネはいっぱいあるはずです。彼らが社会に出て、他人と話ができなくなるのではないかと危惧します。》


 締めは、


《かのクラーク博士は「少年よ、大志を抱け」と呼びかけました。今はこう言いたくなります。「青年よ、スマホから離れよ」》


 決まった! こういうのが読みたかった。


 でも師匠、今は大人だってバスや電車の中でスマホですよ。私も電車ではスマホやiPadで新聞を読んでます。ラジオ番組も聴けます。受験勉強だってできるだろう。充実した時間の過ごし方だと思いますが「異様な光景」でどうもすいませんでした。



 しかし自分では小言を言わずにこの投稿を社説の隣に配置する毎日新聞の絶妙なやり方! こういう手があったか。来年も注目です。


読売師匠が「不安を抱えている若者」に語ったこと


 続いては読売新聞。


「社説 成人の日 挑戦する気持ちを忘れずに」


 書き出しは《成人の日のきょう、122万人が大人の仲間入りをした。新たな門出を祝いたい。大人としての自覚を胸に刻み、人生を歩んでほしい。》


 ああ、いい感じ。期待できそう。


 読売師匠は「将来に希望を持っている」とした若者の割合が日本は他国に比べて低いとし、


《年金給付など社会保障制度の持続性や、仕事と子育ての両立などについて、漠然とした不安を抱えている若者が多いのだろう。》


 と分析する。



 この流れから社会保障制度についてツッコむのかと思いきや、


《「支払った保険料と期間に応じて年金を受け取れる」という年金の基礎を知っている割合は、18〜24歳では他の世代に比べて、著しく低いという調査結果がある。》


 というデータを出し、


《基本知識を持っていないことが不安を助長しているのではないか。》


 まったく逆だった。


「漠然とした不安」を抱える若者は年金のシステムをよく知らないからではないか、という小言になったのだ。


《まず、税や社会保障といった、生活する上で必要な知識を学ぶことから始めてはどうだろう。》と続けた読売師匠。


 私は税や社会保障の記事を読むと不安になってしまうのだが、私も確実に叱られそう。



365日「主張」を続ける産経師匠は?


 産経新聞にいってみよう。


「【主張】成人の日 あなたが新時代の主役だ」


 以前に「青年の主張」という番組があったが産経師匠は365日「主張」なのである。見習いたい。


 注目したのはここ。


《政府は全世代型社会保障改革を進めているが、医療や年金は大丈夫か、不安を抱く人も多いだろう。》


 ほら、やっぱり税や社会保障について不安を持つのはおかしくないのだ。


《それだけではない。災害が多発し、安全保障上の脅威もなくなっていない。日本が置かれた状況は厳しい。》


 ではどうすればよいのか。


《しかし悲観ばかりしてはいられない。今回の新成人だけでなく若い世代には、逆風を吹き飛ばす力をこそ見せてほしい。》


 いきなり若者に丸投げする産経師匠。そして、


《東京五輪の年である。若い力の躍動が見られよう。》


 出ました。元日の一面トップは「日本は五輪で再生する」だった産経師匠。五輪への多大な期待。


 では税は、社会保障は、どうすればいいのか……。



 しかし、


《令和という新時代を切り開いていく主役は、皆さんだ。》と機嫌よさそうに書いて若者へのメッセージは終わった。


 新成人の皆さん、おじさん達の一方的な説教を聞いてくれてありがとう。よく頑張りました。



(プチ鹿島)

文春オンライン

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ