「疎外感をあたえない」急増する外国人ムスリムを円滑に受け入れるべき理由とは

1月17日(金)6時0分 文春オンライン

 日本政府は労働力不足に対応するために、2019年4月から新たな外国人受け入れ制度をスタートさせ、5年間で34万5000人を受け入れる計画でいる。


 そうした中、近年急増しているのが、ムスリム(イスラム教徒)だ。では、日本人は、特に文化や慣習にあまり馴染みがないムスリム移民や難民たちにどう向き合っていったらよいのだろうか。



©iStock.com




(宮田 律/文春ムック 文藝春秋オピニオン 2020年の論点100)

文春オンライン

「外国人」をもっと詳しく

「外国人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ