阪神・淡路大震災から23年 神戸市や淡路市で追悼行事

1月17日(水)12時56分 J-CASTニュース

1995年1月17日5時46分に発生した阪神・淡路大震災から、2018年1月17日で23年となり、犠牲者を悼む行事が兵庫県神戸市や淡路市で開かれた。


神戸市では中央区の東遊園地で「阪神淡路大震災1.17のつどい」が17日夜まで行われている。NHKなどによると、参加者は地震が発生した5時46分に黙とうをささげ、須磨区に住む崔敏夫さんが遺族代表として追悼のことばを述べた。7時段階で、約3700人が集まったという。


淡路市では北淡震災記念公園に遺族など200人が集まり、公園の池に灯ろうを浮かべたり、復興を願い作られた歌「しあわせ運べるように」を歌うなどして追悼の意を表したという。


阪神・淡路大震災は淡路島北部を震源地として発生した。神戸市須磨区鷹取や灘区六甲道などでは震度7を記録し、死者6434人を出す甚大な被害をもたらした。

J-CASTニュース

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

BIGLOBE
トップへ