九州 大学入試センター試験の天気

1月17日(金)15時18分 tenki.jp

大学入試センター試験が行われる、あす18日(土)と19日(日)の九州は気圧の谷や寒気の影響で、対馬海峡沿岸部を中心に変わりやすい天気でしょう。一時雨や雷雨となる所があるため、お出かけには傘が必要になりそうです。

九州 大学入試センター試験の天気

あす18日(土) 対馬海峡沿岸部は傘がお守り

九州の対馬海峡沿岸部には、気圧の谷や寒気に伴う雨雲が、日本海西部から流れ込むでしょう。あすは福岡県や佐賀県、長崎県の壱岐・対馬、大分県の北部を中心に変わりやすい天気で、一時雨が降る所がある見込みです。雷を伴う所もあるでしょう。あすは急な雨に備えて、受験生は傘がお守りになりそうです。
そのほかの九州は晴れる所が多い見込みです。沿岸部を中心に北よりの風が冷たく感じられるでしょう。

19日(日) 日中中心に一時雨の可能性

日本海を低気圧が進み、低気圧から延びる前線の影響を受けるでしょう。九州は晴れ間も出ますが、日中を中心に一時雨雲がかかり、雨が降る可能性があります。午後を中心に風が冷たく感じられるでしょう。寒さ対策をしっかりして、受験生は今までやってきたことを信じて、万全の体調で試験に挑みましょう。

tenki.jp

「大学入試センター」をもっと詳しく

「大学入試センター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ