センター試験初日 関東甲信で雪 交通機関の乱れ注意

1月17日(金)6時55分 tenki.jp

18日は関東の平野部も所々で雪が降りそう。千葉県など風も強く、交通機関が乱れる恐れがあります。時間に余裕をもって、お出かけ下さい。

センター試験初日 関東甲信で雪 交通機関の乱れ注意

大学入試センター試験初日 特に「大雪」に注意が必要な所は

18日は、大学入試センター試験の初日ですが、関東甲信地方では大雪の恐れがあります。17日夜から18日朝にかけては、雪や雨の降る所が多いでしょう。山梨県を中心に大雪になる所もあり、車の運転などは注意が必要です。

また、関東でも山沿いを中心に、積雪になる所があるでしょう。今回、雪や雨を降らせる低気圧は、関東の南を進む予想ですが、低気圧が予想よりも陸地に近い所を通ると、降水量が多くなったり、降水の範囲が広がることも考えられます。

さらに「低気圧が関東に近づくタイミングが、気温の低い時間帯」というのがポイント。低気圧が発達すると、冷たい空気を引き込んでしまうでしょう。このため、予想よりも気温が低くなると、関東の平野部でも積雪の地域が広がるので、東京でも多摩地方で大雪となったり、東京23区で積雪となったりする恐れがあります。

18日午前6時までの24時間に予想される「降雪量」は、いずれも多い所で、甲信地方で12センチ、関東地方の山沿いで6センチとなっています。雪による交通機関の乱れや、路面の凍結に、十分ご注意下さい。

沿岸部は 立っていられないほどの風も

一方、低気圧が近づくことにより、関東の沿岸部は、風も強まるでしょう。千葉県の沿岸部を中心に、非常に強い風が吹き、何かにつかまっていないと、立っていられないくらいの風が吹く恐れがあります。雪だけでなく、強風によっても、交通機関に影響がでることが心配されます。受験生はもちろん、お出かけの方は、時間に余裕をもった行動を心がけて下さい。

tenki.jp

「センター試験」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「センター試験」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ