19日 各地で厳寒 沿岸ほど風強く 北陸以北は暴風雪に警戒

1月19日(火)7時25分 tenki.jp

きょう(19日)は全国的に厳しい寒さに。沿岸の地域ほど風が強まって、北陸や東北、北海道は猛ふぶきとなる所も。暴風雪に警戒を。

19日 各地で厳寒 沿岸ほど風強く 北陸以北は暴風雪に警戒

冬型強まる 北陸以北は交通への影響も

発達しながら東北付近を通過した低気圧が、きょう(19日)午前3時には三陸沖へ。日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。全国的に北または西風が強く吹く見込みです。
けさにかけては東北を中心に風が強まっていて、最大瞬間風速(午前7時まで)は山形県酒田市の飛島では34.2メ—トルの非常に強い風、秋田市では27.8メートルと、何かにつかまらないと立っていられないほどの風が吹いています。
北陸や東北、北海道は雪が降り続くため猛ふぶきとなり、見通しが全くきかなくなる所もありそうです。立ち往生など交通への影響に警戒して下さい。大雪のピークは昼頃にかけてで、午後は次第に雪の降り方は弱まるでしょう。ただ、風が強く、海上はしけや大しけとなりそうです。

風・波・雪の予想

【風の予想】きょう19日
最大風速(最大瞬間風速)
北陸、北海道 23メートル(35メートル)
東北 20メートル(30メートル)
【波の予想】きょう19日
北陸 6メートル
東北、北海道 5メートル
【雪の予想】あす20日6時まで(多い所)
北陸 50センチ
東北 40センチ
北海道 30センチ
暴風雪や高波に警戒し、東北や北海道では猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響にも警戒が必要です。またなだれや着雪に注意して下さい。

日差しあっても 厳しい寒さに

沖縄や九州から関東は広く晴れますが、冷たい季節風と寒さへの対策が必要です。最高気温はきのうより低い所が多く、大阪や名古屋は5度くらいまでしか上がりません。冷たい北または西風が沿岸の地域ほど強く吹いて体感温度が下がり、日中も震えるような寒さが続くでしょう。風を通しにくいダウンコートやマフラー、手袋などで、寒さ対策は万全に。
一方、山陰や関東周辺の山沿いでは午前中を中心に雪が降り、長野県北部など大雪になる所もあるでしょう。積雪や路面で路面の状況が悪くなっている所もあるため、車の運転は慎重になさって下さい。

tenki.jp

「北陸」をもっと詳しく

「北陸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ