北日本は今夜から雪に 北海道太平洋側は久々の積雪

1月19日(日)17時30分 ウェザーニュース


2020/01/19 16:55 ウェザーニュース

日本海を進む低気圧が明日20日(月)にかけて、津軽海峡から北海道の太平洋側を通過します。低気圧の北側は空気が冷たく、北海道の道南や道東の太平洋側でまとまった雪が降る見込みです。

暖冬の影響で北海道の太平洋側は雪が少なく、帯広のこの冬の降雪は平年の3分の1にとどまっています。今夜からの雪で久々に積雪が増加しそうです。

久々の積雪増加に注意を

ウェザーニュースでは明日20日(月)夕方までに、北海道の太平洋側や東北、北陸の山間部で10cmを超える新たな雪が積もると予想しています。帯広でも10cm前後の積雪が見込まれ、この冬では一番のまとまった雪になる見込みです。

久々に雪の積もる所が多いので、しっかりと除雪の準備をしておくようにしてください。気温が高く、車や人通りの多い道路はシャーベット状の積雪になるため、スリップにも要注意です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)


ウェザーニュース

「積雪」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「積雪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ