今日19日(火)の天気 北日本や北陸は猛吹雪・大雪に警戒 全国的に寒さ厳しい

1月19日(火)5時30分 ウェザーニュース

2021/01/19 05:29 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本や北陸は猛吹雪・大雪に警戒
・太平洋側は日差し届いても冷たい強風
・真冬らしい寒さで防寒必須


予想天気図 19日(火)9時

今日19日(火)は低気圧が急速に発達しながら北海道の東へ進みます。大陸からは移動性の高気圧が接近して日本の周辺は冬型の気圧配置になります。
北日本や北陸では雪と風が強まるため、大雪や猛吹雪に警戒が必要です。
全国的に昼間も厳しい寒さになります。風も強いので、寒さ対策と風を通しにくい服装がおすすめです。

北日本や北陸は猛吹雪・大雪に警戒 

この先24時間での予想積雪量 20日(水)5時まで

北日本や北陸では雪と風が強まり大荒れの天気に警戒が必要です。
雪の降り方が強まったり、猛吹雪によって、視界が全く効かなくなるおそれがあります。荒天の間は無理をせず外出を極力控えた方が安心です。
また、すでに東北新幹線や秋田新幹線が運転見合わせを決めるなど、交通機関にも影響が出ています。こまめに最新の情報を確認してください。

太平洋側は日差し届いても冷たい強風

西日本・東日本の太平洋側では日差しが届きます。瀬戸内や近畿、東海ではにわか雪の可能性があります。
沿岸部を中心に冷たい強風が吹きつけるので、飛来物にも注意が必要です。

真冬らしい寒さで防寒必須

上空の強い寒気が南下してほぼ全国的に真冬らしい厳しい寒さになります。外出する場合は最大限の防寒が欠かせません。
寒さで体調を崩さないように注意してください

ウェザーニュース

「警戒」をもっと詳しく

「警戒」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ