東京都心も今夜以降は積雪のおそれ 関東甲信の内陸部は大雪に警戒

1月23日(土)11時15分 ウェザーニュース

2021/01/23 10:18 ウェザーニュース

関東甲信の各地で午前中から降っている雨は、夕方以降段々と雪に変わっていく見込みです。明日24日(日)未明から朝が雪のピークになり、東京都心でも積雪のおそれがあります。内陸部や山沿いでは大雪になりますので、警戒が必要です。

低気圧接近で雨から雪に

23日(土)21時の予想天気図

今日23日(土)の関東甲信は南の海上に停滞する前線の影響で、午前中から雨の所が多くなっています。上空の気圧の谷の接近に伴って、前線上には低気圧が発生し、今夜遅くから明日24日(日)朝にかけて関東沖を通過する見込みです。
低気圧の発生、発達により関東平野には北東から冷たい空気が流れ込みやすくなります。気温の低下に伴って昼間は雨の平野部でも、夕方以降は雪に変わる所が増えてくる予想です。東京都心でも段々と雪が混じるようになり、夜には本格的な雪に変わってくると見ています。

東京都心でも積雪のおそれ

24日(日)夕方までの積雪の予想

関東平野部の雪のピークは日付が変わって24日(日)の未明から朝にかけてで、東京都心でも積雪のおそれがあります。世田谷や練馬など23区の郊外や多摩地方では道路にしっかりと積もるくらいとなる予想です。
より気温が低い内陸部や山沿いは雪の量が多く、大雪となる見込みです。10〜20cmに達するような雪の積もる所がありますので、車での移動には冬用タイヤか滑り止めが必要になります。
雪の量や範囲は、わずかな気象条件の変化によって大きく変わってきますので、最新の情報を必ずチェックしてください。

鉄道や道路への影響も懸念

東京など首都圏では雪に慣れていないため、少しでも雪が積もると高速道路などが通行止めになったり、バスなどの遅延や運休、鉄道はポイント故障や架線凍結による運転見合わせなど、交通機関に影響が出る可能性があります。また、積雪や路面凍結でスリップ事故や転倒なども懸念されます。今夜以降はなるべく外出しない方が無難です。
車の運転は決して無理をせず、買い出しなどは計画的に行うようにしてください。

ウェザーニュース

「関東甲信」をもっと詳しく

「関東甲信」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ