アドラー心理学は、あなたの「承認欲求」を否定する!

1月25日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

200万部を突破したベスト&ロングセラー『嫌われる勇気』。アドラー心理学の入門書である本書が、これほど多くの人に受け入れられた要因の一つに、「哲人」と「青年」の対話の魅力があげられよう。アドラーに精通する哲人と、全読者の代表とも言える悩める青年の対話は、そのまま共著者である岸見一郎氏(哲人)と古賀史健氏(青年)の関係に当てはまる。両氏はいま、200万部突破を記念して全国の書店でトークイベント・ツアーを敢行中だが、それはまさにリアル哲人とリアル青年のセッションと言える。

そこで改めて哲人と青年の対話を楽しみつつ、アドラー心理学の衝撃的な教えをじっくり考えて頂くため、『嫌われる勇気』の重要箇所を抜粋して特別公開する。今回は、両親との関係に悩む青年が、哲人から「承認欲求」を否定するアドラー心理学の教えを伝えられ、猛反発する部分をお届けしよう。


*****


哲人 そういえば聞いていませんでした。あなたのご職業は?


青年 いまは大学図書館の司書として働いています。まあ、うちの両親としては、兄がそうしたように父の印刷工場を継いでほしかったようです。おかげで職に就いて以来、多少関係がぎくしゃくしていますよ。

 もしも相手が両親でなければ、それこそ「敵」のような存在であれば、わたしはなにも悩まなかったでしょう。どれだけ干渉してこようと、無視してしまえばいいのですから。しかし、わたしにとっての両親は「敵」ではありません。仲間であるかどうかはともかく、少なくとも「敵」と呼ぶべき存在ではない。その意向を無視してしまうには、あまりに近すぎる関係なのです。


哲人 ご両親の意に添って進学先を決めたとき、あなたはご両親に対してどのような感情を抱きましたか?


青年 複雑ですね。恨みがましい気持ちもありましたが、その一方で安堵感があったのも事実でしょう。この学校ならさすがに認めてもらえるだろう、と。


哲人 認めてもらえるとは?


青年 ふっ、回りくどい誘導尋問はやめていただきましょう。先生もご存じのはずです。いわゆる「承認欲求」ですよ。対人関係の悩みは、まさしくここに集約されます。われわれ人間は、常に他者からの承認を必要としながら生きている。相手が憎らしい「敵」ではないからこそ、その人からの承認がほしいのです! そう、わたしは両親から認めてほしかったのですよ!


哲人 わかりました。いまのお話について、アドラー心理学の大前提をお話ししましょう。アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定します。


青年 承認欲求を否定する?


哲人 他者から承認される必要などありません。むしろ、承認を求めてはいけない。ここは強くいっておかねばなりません。


青年 いやいや、なにをおっしゃいます! 承認欲求こそ、われわれ人間を突き動かす普遍的な欲求ではありませんか!


「あの人」の期待を

満たすために生きてはいけない


哲人 他者から承認されることは、たしかに嬉しいものでしょう。しかし、承認されることが絶対に必要なのかというと、それは違います。そもそも、どうして承認を求めるのでしょう? もっと端的にいえば、なぜ他者からほめられたいと思うのでしょう?


青年 簡単です。他者から承認されてこそ、われわれは「自分には価値があるのだ」と実感することができる。他者からの承認を通じて、劣等感を払拭することができる。自分に自信を持つことができる。そう、これはまさに「価値」の問題です。先生も前回おっしゃったではありませんか、劣等感とは価値判断の問題だと。わたしは両親からの承認が得られなかったからこそ、劣等感にまみれて生きてきたのです!


哲人 では、身近な場面で考えてみましょう。たとえばあなたが職場でごみ拾いをしたとします。それでも、周囲の人々はまったく気づかない。あるいは、気づいたとしても誰からも感謝してもらえず、お礼の言葉ひとつかけてもらえない。さて、あなたはその後もごみを拾い続けますか?


青年 むずかしい状況ですね。まあ、誰からも感謝されないのであれば、やめてしまうかもしれません。


哲人 なぜですか?


青年 ごみを拾うのは「みんなのため」です。みんなのために汗を流しているのに、感謝の言葉ひとつもらえない。だったらやる気も失せるでしょう。


哲人 承認欲求の危うさは、ここにあります。いったいどうして人は他者からの承認を求めるのか? 多くの場合それは、賞罰教育の影響なのです。


青年 賞罰教育?


哲人 適切な行動をとったら、ほめてもらえる。不適切な行動をとったら、罰せられる。アドラーは、こうした賞罰による教育を厳しく批判しました。賞罰教育の先に生まれるのは「ほめてくれる人がいなければ、適切な行動をしない」「罰する人がいなければ、不適切な行動もとる」という、誤ったライフスタイルです。ほめてもらいたいという目的が先にあって、ごみを拾う。そして誰からもほめてもらえなければ、憤慨するか、二度とこんなことはするまいと決心する。明らかにおかしな話でしょう。


青年 違います! 話を矮小化しないでいただきたい! わたしは教育を論じているのではありません。好きな人から認められたいと思うこと、身近な人から受け入れられたいと思うこと、これは当たり前の欲求です!


哲人 あなたは大きな勘違いをしている。いいですか、われわれは「他者の期待を満たすために生きているのではない」のです。


青年 なんですって?





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「心理学」をもっと詳しく

「心理学」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ