「マヌケ」と「バカ」は違うんです!

1月25日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

「マヌケ」という言葉は、「バカ」と混同されがちだけど、「マヌケ」という言葉を使っていたら人間関係も仕事関係も良くなっていくし、マヌケであればあるほど運はたまっていくよ!

そんな、欽ちゃんのあったかい言葉が詰まった本『マヌケのすすめ』が、1月29日に配本されます。この連載では『マヌケのすすめ』から、とくに心に響く部分を抜粋して、萩本欽一さんの言葉を紹介していきます。(撮影/榊智朗)



みんな「マヌケ」の使い方を間違っている。

「バカ」と同じ意味で使うのはとんでもない!


 「マヌケ」って、とってもいい言葉だよね。ぼくは大好き。

 ただ、世間では意味が誤解されていて、みんなちゃんと使ってないんじゃないかな。


 この本では、これから「マヌケはいいよ」「マヌケになりましょう」って勧めていくわけだけど、まずは「マヌケ」と「バカ」の違いをはっきりさせておかなきゃいけない。


 ぼくのイメージだと「バカ」の反対が「マヌケ」なんだけど、何となく同じ仲間の言葉みたいに思われてる。辞書を引いてみたら、ほとんど同じ説明だった。

 これはとんでもないことです。

 辞書の段階で間違えてるから、みんなが使い方を間違えちゃう


 「バカ」の意味は、辞書に書いてあるとおりでだいたい合ってる。

 愚かだとか、社会の常識に欠けているとか、つまらないとか、役に立たないとか。

 みんな、そういう状態を非難したり責めたりするために「バカだなー!」「このバカ!」って言ってるわけだよね。


 「バカ」っていう言葉を使うときは、相手を許す気持ちはあんまりない。

 程度はいろいろだけど、ちょっと腹を立てているときに「バカ」っていう言葉を使ってる。


 だけど「マヌケ」はそうじゃない。

 誰かが失敗して「お前はマヌケだねー」「なんてマヌケなことしてくるんだ」って言うときは、すべて許してる。

 失敗は失敗だけど、相手のことが好きだから、憎めないから、そのぐらいは許すっていうときに「マヌケ」を使う。


 「このマヌケ!」って言うときって、怖い顔は似合わないよね。

 「このバカ!」だと似合うけど。「マヌケ」のときは、どっちかって言うと笑っちゃってる。


 だから「マヌケ」っていうのは、相手を攻撃する言葉じゃなくて、許す言葉なんです。

 失敗を慰めたり、落ち込んでいる気持ちに共感したり、いっしょになって笑ったりする効果もある。

 言われたほうもつらくならない。

 いわば愛情表現だよね。


 人に対して使うときだけじゃなくて、自分に使うときも同じ。

 「うわー、バカなことやっちゃった」って思うと、自分を責めてどんどん追い込んで、どんどんつらくなっちゃう。

 「あーあ、マヌケなことやっちゃった」だと、自分を許しているからつらくはならない。


 自分を責めてつらくなっても、やっちゃったことは仕方ないし、自分にできないことはできないよね。たいていの失敗は「マヌケだったなあ」と思うことで、自分を許してあげれば いいんじゃないかな。ほら、こう考えると「マヌケ」ってすごい言葉でしょ。


(本原稿は、萩本欽一著『マヌケのすすめ』からの抜粋です)

*撮影協力/駒澤大学





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「言葉」をもっと詳しく

「言葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ