認知症の高齢女性が入院 付き添いの夫の『言動』に、背筋が凍る

1月27日(月)14時41分 grape

病棟で看護師として働いている、ぱれちに(paretiny)さん。

忘れられないエピソードをInstagramに公開し、反響が上がっています。

『まさかの…』

高齢女性の夫は、「自分の妻がなぜ入院しているのか」を忘れているようでした。

その後、違和感がよりハッキリとした形で現れます。

夫の言動にヒヤリ

パーキンソン病などの疾患や加齢により、場所や時間が分からない『せん妄』状態に陥る高齢者は少なくありません。

患者の高齢女性に付き添った夫は正常な判断ができず、付き添いに適さない状態だったのです。

このエピソードについて、ぱれちにさんは次のようにつづりました。

「付き添う家族は必ずしもしっかりされているとは限らない」というのを思い知ったお話でした。

漫画を読んでゾッとする人が続出。「ヤバいですね!大事故につながってしまいそうです!」「高齢者同士で介護をしていると、こんな問題もあるんですね」「私も看護師ですが『あるある』です…」などのコメントが多数寄せられています。

家族が入院した時に誰が付きそうかを考える際に、参考にしたいエピソードですね。


[文・構成/grape編集部]

出典 paretiny

grape

「言動」をもっと詳しく

「言動」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ