東京から眺める「ダイヤモンド富士」

1月27日(日)17時27分 tenki.jp

今日の午後5時ごろ、東京・池袋にあるサンシャイン60から『ダイヤモンド富士』を見ることができました。『ダイヤモンド富士』とは、富士山の山頂付近から朝日が昇る瞬間、または夕日が沈む瞬間に、太陽と富士山が重なってダイヤモンドが輝くように見える現象ことです。

東京から眺める「ダイヤモンド富士」

ダイヤモンド富士が見られる条件は?

『ダイヤモンド富士』を見るには、2つの条件が必要です。

<条件1>富士山と太陽の方角が一致すること
太陽は東から昇り、西に沈みます。このため、富士山が東または西の方向に見える場所からでないと見られません。この条件を満たす地点で、年に2回『ダイヤモンド富士』を見られます。なお、富士山の西側の地点(山梨県など)では東の空に富士山を臨むので「日の出」が、東側の地点(東京都・神奈川県・千葉県など)では西の空に富士山を臨むので「日没」が対象時間となります。
<条件2>気象条件
雲に覆われていては、富士山も太陽も見えないため、「富士山の方角が晴れている」ことが重要なポイントとなります。

きょうの関東地方は、快晴の夕暮れとなりました。2つの条件を満たした東京都豊島区のサンシャイン60からは、美しい『ダイヤモンド富士』を見ることができました。

tenki.jp

「ダイヤモンド」をもっと詳しく

「ダイヤモンド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ