本田圭佑、橋下徹が互いにエール交換 テーマは憲法9条と日米地位協定

1月31日(水)13時10分 J-CASTニュース

本田圭佑が橋下徹氏のツイッターに反応

写真を拡大

前大阪市長で弁護士の橋下徹氏の発信に、サッカー・メキシコ1部パチューカの本田圭佑氏が反応した。憲法9条と日米地位協定に関する見解を受けてのもので、橋下氏が用いた比喩に本田氏は「上手い」と共感している。



プロアスリートに決して多くはない政治絡みの投稿だが、本田氏は以前も橋下氏とツイッター上でやり取りしており、「日本でお話できれば」とラブコールを送ったこともある。



「仕送りもらっている大学生が親に偉そうな口をきくのと同じ」



橋下氏はツイッターで2018年1月31日、「沖縄県における米軍の態度振る舞いを見ると、日米地位協定の抜本的見直しが必要なことは当然だ。しかしそれは憲法9条2項を削除し、日本がアメリカから自立することが前提だ」と投稿。続けて、



「憲法9条を守り日米地位協定を抜本的に見直すなんて、仕送りもらっている大学生が親に偉そうな口をきくのと同じふざけたこと」


と例えを用いて表現した。



この約20分後に反応したのが本田氏で、



「例えも上手いし確かにその通り」


とツイッターで同意を示した。



沖縄では、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の側にある普天間第二小学校で17年12月に米軍ヘリの窓が落下したほか、18年1月も米軍ヘリが相次いで不時着するなど、問題が続発していた。



現役アスリートには珍しい政治絡みの発信だが、本田氏は以前から橋下氏に関心を示したことがある。橋下氏が17年11月4日、



「僕や大阪維新がやってきたことに賛否はあるだろう。しかし色々やってきたことは確かだ。斜に構えて、小難しい抽象論・観念論で批判ばかりし、挙句の果てには橋下は何もやっていないと宣う自称インテリのぼんくらども。この #維新のせいで くらいは読んでから具体的に批判してこい。ボケ!」


と投稿したことで始まった会話だ。



「もう一度政治家をやられるなら、もちろん応援します」



衆議院議員選挙(17年10月22日投開票)後、橋下氏は日本維新の会所属議員に不快感を露わにしたほか、同党の法律顧問を辞任するなど動向が注視されていた。



本田氏はこの当時も橋下の投稿から約20分後のタイミングで



「まだお会いしたことないですけど、応援していました。もう一度政治家をやられるなら、もちろん応援します」


とリプライを送っている。また橋下氏も



「ありがとうございます!世間からどれだけ批判を受けてもこの1リプで政治をやったかいがあったと感じています。世界相手にそしてあらゆる分野に挑戦し続ける本田さんの姿はかっこいいし、将来世代への素晴らしい道標べです。うちの子供2人はサッカーをやっていまして、頂いたリプに驚愕しています(笑)」


と再リプライ。



本田氏はさらに「返信ありがとうございます」とした上で



「橋下さんがこれまで背負ってきた声援と批判はオンリーワンで、『誰も言わない、やらないから俺がやる』みたいな使命感を感じ刺激を頂いてます。続きは日本でお話できればと思ってます」


と熱望した。橋下氏も「そう言われると大変嬉しいですけど、そこまで立派なものじゃありませんよ(笑) 今は単なる酔っ払い爺です。本田さんの世界は想像を絶する厳しい世界でしょうが頑張って下さい!ぜひ日本でお願いします!」と前向きな様子だった。



本田氏は18年1月31日の投稿時、一般ユーザーから、なぜサッカー選手でありながら政治に目を向けているのかと問われると、



「そりゃサッカー選手の前に人なんで」


と一言返していた。

J-CASTニュース

「憲法」をもっと詳しく

「憲法」のニュース

BIGLOBE
トップへ