中堅コンビニチェーン「セーブオン」、全503店舗をローソンに転換

2月1日(水)10時24分 BIGLOBEニュース編集部

セーブオンホームページより

写真を拡大

北関東を中心に展開するコンビニエンスストアのセーブオンは1日、ローソンとメガフランチャイズ契約を締結し、503店舗を順次ローソン店舗に転換すると発表した。


セーブオンは、群馬県、栃木県、新潟県、埼玉県、千葉県に展開している503店舗すべてをローソン店舗に転換する。転換時期は2017年夏から2018年にかけてを予定している。転換後はセーブオンがローソンのメガフランチャイジーとして5県でのローソン店舗のチェーン展開を行うことになる。


セーブオンとローソンは、2012年8月以降、富山県、長野県、茨城県、福島県、山形県のセーブオン82店舗をローソン店舗に転換している。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セーブオンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ