北海道 日本海側南部を中心に荒れる

2月1日(水)23時8分 tenki.jp

北海道付近は冬型の気圧配置が強まっており、上空の寒気も強い状態が2日にかけて続きます。1日午後9時現在、石狩北部、檜山南部、檜山奥尻島など日本海側南部では暴風雪警報が出ており2日明け方までは警戒が必要です。その他の地域も大雪などに十分に注意して下さい。

「どこで?」

これから次第に冬型の気圧配置が強まり、上空には非常に強い寒気が入るでしょう。
今夜は、太平側東部と日本海側を中心に雪が強く降るでしょう。特に石狩、空知、後志地方の沿岸や山沿いなど多い所で2日午後6時までに40センチの雪が降る見込みです。また、渡島、檜山地方でも30センチと大雪になる恐れがあります。
風も強まり、ふぶいて見通しの悪くなる所があります。石狩北部や、檜山南部、檜山奥尻島で予想される最大風速は、陸上で16から20メートル、最大瞬間風速は30から35メートルの見込みです。2日明け方までは暴風や猛ふぶき、吹きだまりによる交通障害に警戒して下さい。

「降り方は?」

2日は一日を通して雪が続き、午前中に降り方のピークを迎える見込みです。札幌など道央でも、通勤通学時に降り方がやや強まりそうです。朝にかけても雪の量が多くなるため、いつもより早めに家を出るとよさそうです。

また、気圧の傾きが大きく、雪の降り方が弱まる午後以降も西〜北西の風が強い状態は続きます。現在発表されている暴風雪警報は2日明け方までですが、その後も十分な注意が必要です。

「その後は?」

天気の崩れは2日までとなります。日曜日にかけては全般に晴れる所が多く、週末は高気圧が北海道付近に張り出すため、晴れて日中は全般に気温が高くなり寒さも解消します。一足先にスタートするつどーむ会場の「さっぽろ雪まつり」、「小樽雪あかりの路」や「おびひろ氷まつり」など、各地の冬のイベントに参加するには、いい日和となりそうです。

tenki.jp

「日本海」をもっと詳しく

「日本海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ