「鶏すき丼」に虫混入 吉野家が謝罪

2月4日(月)19時21分 BIGLOBEニュース編集部

提供を終了している「鶏すき丼」吉野家ホームページより

写真を拡大

吉野家は4日、福岡県の「吉野家 春吉店」で提供した「鶏すき丼」の中に虫が混入していたとして謝罪した。


吉野家によると、昨年10月13日に「吉野家 春吉店」で提供した「鶏すき丼」の中に虫が混入していたと客から申し出があったという。これを受けて同店で保管していた食材を廃棄。店舗を一時閉店し、所轄の保健所に報告した。吉野家は、「初期対応におきまして、お客様に大変不快な思いをさせてしまいましたことを心より深くお詫び申し上げます。また、当該店舗を日ごろからご利用いただいておりますお客様・関係者の皆様に、多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを重ねてお詫び申し上げます」と謝罪した。


吉野家の「鶏すき丼」をめぐっては、Twitter上で「この前、吉野家で鶏すき丼を注文2.3口食べ進めたらゴキブリが2匹も…吉野家本社に電話した所『何が欲しいんですか?』と強気な対応。しかも週1で異物混入のクレームがあるとの事」との投稿が拡散。「鶏すき丼」の提供が既に終了している2月2日の投稿だったため、正しい内容なのか疑問視する声もあがっていた。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「謝罪」をもっと詳しく

「謝罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ