【「ひとり暮らし」ビギナーのための基礎知識】自炊する時、使いやすい野菜は?

2024年2月4日(日)6時0分 ダイヤモンドオンライン

【「ひとり暮らし」ビギナーのための基礎知識】自炊する時、使いやすい野菜は?

写真を拡大

お子さんの初めてのひとり暮らし、ご自身の転勤、単身赴任など…。新生活に向けて「自炊」の必要に迫られている方に!「てんきち母ちゃんのはじめての自炊練習帖」は、料理家のてんきち母ちゃんこと井上かなえさんが、はじめてひとり暮らしをする娘さんに向けて作った本。夜ごはんを1食(主菜・副菜)200円前後、週1500円程度で作ることを目標に、ムリなく無駄なく、自炊を続ける様々な工夫や、簡単なのに味が決まる料理を提案しています。この連載では、本書からそのコツやレシピを抜粋して、紹介していきます。

Photo: Adobe Stock

自炊初心者は買い物初心者であることも多い

 春からの進学先や職場が決まって、我が子やパートナーのはじめての「ひとり暮らし」に、不安を抱いている方も多いと思います。自炊初心者にとって、意外な盲点は、買い物も初心者であるケースが多いこと。何をどのくらい買ったらよいかなどが分からないことが多いのです。料理以前に、買い物に失敗して、多く買いすぎたり、腐らせてしまったりして挫折してしまうことも少なくありません。そのため本書では買い物の仕方から丁寧に説明しています。

 今回は、本書より抜粋し「一年中安価で手に入る、自炊で使いやすい野菜」についてご説明します。

 野菜には一年通して価格が安定している使いやすい野菜と、旬の時期が比較的はっきりしている野菜があります。自炊初心者に嬉しい野菜は、旬の時期以外も一年中安価で出回り、日持ちするものや、加熱せずにすぐに食べられるもの。本書では、初心者向きにリアルな感覚で選んだ、下記の野菜を中心にレシピを構成しています。

使いやすさベスト4は?

 ある程度日持ちがすることや、季節を問わず安価であること、コンビニなどでも手に入れやすい、そして料理のバリエーションが豊富に作れるなどの理由で、「自炊初心者が使いやすい野菜」のベスト4が以下の4つ。いつも買い置きしておくと安心です!

①キャベツ保存:冷蔵1ヵ月(丸ごと)、1週間(カット)

②じゃがいも保存:冷蔵2〜3ヵ月

③にんじん保存:冷蔵2〜3週間

④たまねぎ保存:冷蔵1ヵ月

すぐ食べられるベスト3は?

 加熱しなくても、簡単にちぎったり切ったりするだけで、生のまますぐに食べられる下記の3つは、野菜不足になりがちな自炊初心者にとってありがたい存在。お肉の付け合わせなどの彩りとしても便利。ただし日持ちはあまりしないのでなるべく早く食べましょう。

①きゅうり保存:冷蔵5日間

②トマト保存:冷蔵1週間

③レタス保存:冷蔵5日間

いつでも安いコスパベスト4は?

 安くて栄養もある野菜といえば、まず、圧倒的な安さを誇るもやし。そしてしめじやえのきなどきのこ類。緑黄色野菜で価格が安定している小松菜や、生でも食べられて、使った後の根っこを水に浸せばさらに1〜2回収穫できる豆苗。お財布がピンチの時に嬉しい!

①もやし保存:冷蔵2日間

②きのこ保存:冷蔵1週間    冷凍1ヵ月

③小松菜保存:冷蔵5日間    冷凍1ヵ月

④豆苗保存:冷蔵2日間

季節感のある野菜は旬の季節に買うと安い

 一年中、価格が安定している野菜もありますが、逆に、旬の季節には、安く多く出回る野菜もあります。本書では、旬の季節に買うと安い野菜や、冷凍で買っておくとお得で使いやすい野菜なども紹介しています。

 長年、買い物や料理をしている人には当たり前のことも、初めて買い物や自炊をする人には案外知らないことが多いもの。是非参考にしてください。

*本記事は、「1週間1500円で毎日おいしい! てんきち母ちゃんの はじめての自炊 練習帖」より、抜粋・編集したものです。

ダイヤモンドオンライン

「自炊」をもっと詳しく

タグ

「自炊」のニュース

「自炊」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ