【整体プロが指南】夜中、何度も目覚めてしまう人はやってみて。朝まで熟睡「1つの習慣」

2024年2月4日(日)6時0分 ダイヤモンドオンライン

【整体プロが指南】夜中、何度も目覚めてしまう人はやってみて。朝まで熟睡「1つの習慣」

写真を拡大

「自力整体」とは、整体プロの技法を自分におこなう人気メソッドです。「久しぶりにぐっすり眠れた」「10年間苦しんできた慢性痛から解放された」「脊柱管狭窄症の診断を受けたが、痛みが和らぎ手術を回避できた!」「健康的にダイエットできた」「更年期の不調が消えた」など、多くの声が寄せられています。現在、国内・海外で約15,000名が実践。鍼灸、整体、ヨガを構成した動きで、痛み、コリ、冷え、疲労、不眠、便秘、不定愁訴を解消します。今回、3分以内で痛みや不調を解決するワークを集めた『すぐできる自力整体』が発売。症状別の「悩み解決ワーク」のほか、じっくりほぐして骨盤調整もできる「4つのコース(動画つき)」を収録。著者の矢上真理恵さんは、「不調のほとんどは自力整体で解消できる」と語ります。本書より一部を抜粋・編集し、その中身を紹介しましょう。監修:矢上 裕 矢上予防医学研究所所長、自力整体考案者、鍼灸師・整体治療家(写真/榊智朗 構成/依田則子)

ひどい睡眠障害に悩まされてきたIさんへのアドバイス

本の執筆時、「自力整体」を実際に体験していただけるモニターさんを募集しました。

当時48歳のIさん(女性)は、ちょうど更年期がはじまるタイミングでした。体重は増え続け、身長165cmで77kgの肥満体型。とくに、ひどい睡眠障害と頭痛に悩まされていました。

Iさんはまだお子さんが小さいため、48歳でこの状態では、老後が心配でたまりませんでした。じつは出産から8年もの間、毎晩のように股関節痛にも悩まされてきたのです。ぎっくり腰もよく発症されていました。

Iさんには「自力整体」でしっかり骨盤調整をしていただき、体を内側から整える「整食法」(夕食は寝る3時間前に終わらせ、朝食は固形物を控えお粥やスープなど)を実践していただきました。

熟睡できるようになり、毎晩のように苦しんできた股関節痛も緩和

驚いたのは、夜中、何度も目覚めていたのに、朝まで熟睡できるようになったことです。股関節痛や頭痛も気にならなくなっていました。3ヵ月後、減量成果はマイナス3kgと微減でしたが、骨格は大きく変わりました。骨盤後傾は正常になり、丸かった背中もまっすぐに。

以前は股関節痛が出たら、どう対処したらいいのかわからず、途方にくれていたそうです。しかし今は「自力整体で痛みを和らげる方法を知っているから、もう安心です。そして、ノーストレスの眠りは、ほんとうにありがたい! の一言です」とおっしゃっていただきました。

では次に、「自力整体をおこなうと熟睡できる理由」と、Iさんも実践された「股関節ほぐしのワーク」を紹介しましょう。

自力整体をおこなうと熟睡できる理由

私はいつも生徒さんに、「自力整体をおこなう時間帯は、夜がおすすめです」とお伝えしています。なぜなら終了後、筋肉がほぐれて体が脱力するため、心地よい眠気に誘われ熟睡できるから。アクビもたくさん出ます。これは、体を休ませる働きをする自律神経「副交感神経」が優位になるためです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経とは、日の出とともに活発になる神経。副交感神経とは、日没後に活発になる休息のための神経です。眠りが浅い人、何度も目覚めてしまう人は、この自律神経の切り替えのリズムが乱れている可能性があります。

生徒さんの多くは、自力整体をおこなった夜は熟睡できて、とくに夜中のトイレの回数が減ったり、朝まで一度も目覚めなかったという声は多いのです。私も、とくに夜のクラスがある日は、あっという間に入眠、朝まで一度も目覚めることなく熟睡できて、朝は目覚ましをかけなくても、すっきり目覚めることができます。

今回は、Iさんも実践された「あおむけで骨盤調整20分コース」の中盤でおこなう、「股関節ほぐしのワーク」を紹介しましょう。骨盤まわりが柔らかくほぐれて、熟睡に役立ちます。腰痛・生理痛・ひざの痛みの緩和にも役立ちます。

矢上 真理恵(やがみ・まりえ)写真左矢上予防医学研究所ディレクター1984年、兵庫県生まれ。高校卒業後単身渡米、芸術大学プラット・インスティテュートで衣装デザインを学び、ニューヨークにて独立。成功を夢見みて、徹夜は当たり前、寝るのはソファの上といった多忙な生活を続けた結果、心身のバランスをくずし動けなくなる。そのとき、父・矢上裕が考案し約15,000名が実践している「自力整体」を本格的に学び、心身の健康を取り戻し、その魅力を再発見。その後、自力整体ナビゲーターとして、カナダ、ヨーロッパ各地、イスラエルにて、クラスとワークショップを開催。さらに英国の名門セントラル・セント・マーチンズ大学院で「身体」をより体系的に学び、2019年に帰国。現在、国内外の人たちに自力整体を伝えながら、女性のための予防医学をライフワークにしている。著書に、『すごい自力整体』(ダイヤモンド社)がある。監修者:矢上 裕(やがみ・ゆう)写真右矢上予防医学研究所所長、自力整体考案者、鍼灸師・整体治療家1953年、鹿児島県生まれ。関西学院大学在学中の2年生のとき、予防医学の重要性に目覚め、東洋医学を学ぶため大学を中退。鍼灸師・整体治療家として活躍するかたわら、効果の高い施術を自分でできるように研究・改良を重ね「自力整体」を完成。兵庫県西宮市で教室を開講、書籍の出版やメディア出演などで注目され、全国から不調を抱える人々が続々と訪れるようになる。現在約500名の指導者のもと、約15,000名が学んでいる。著書に『自力整体の真髄』『はじめての自力整体』(ともに新星出版社)など多数。遠隔地の人のために、オンライン授業と通信教育もおこなう。 写真/榊智朗


続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「整体」をもっと詳しく

「整体」のニュース

「整体」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ