「マスク無料送付」のフィッシングメールや偽販売サイト出回る 新型コロナウイルス乗じた犯罪で警察庁が注意呼びかけ

2月5日(水)12時53分 BIGLOBEニュース編集部

新型コロナウイルスに乗じたフィッシングメールの例

写真を拡大

新型コロナウイルスの感染拡大に乗じたフィッシングなどの犯罪手口を確認したとして、警察庁や日本サイバー犯罪対策センターが注意を呼びかけている。


日本サイバー犯罪対策センターでは、ショートメッセージ (SMS)を利用したフィッシングを確認。「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付確認をお願いします」という偽メッセージで偽サイトに誘導し、利用者に不正アプリをインストールさせようとする。このアプリをインストールした端末は、新型コロナウイルスに関連したフィッシングメールをばらまくとしている。


また、マスクを購入しようとするを人に向けた悪質なショッピングサイトも存在。このようなサイトでは、マスクの在庫があるように表示しているが、代金を支払っても商品を発送しなかったり、会員登録時の個人情報やクレジットカード情報などを盗み取ったりするという。警察庁や日本サイバー犯罪対策センターは、これらの犯罪手口に十分注意するよう呼びかけている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「コロナウイルス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ