「新型コロナウイルス予防にアルコール消毒は効果がない」はデマ 厚生労働省が注意喚起

2月6日(木)11時7分 BIGLOBEニュース編集部

厚生労働省のTwitterより

写真を拡大

厚生労働省は6日、新型コロナウイルスの予防にアルコール消毒は効果がないという誤った情報が広がっているとして、注意するよう呼びかけた。


厚生労働省によると、「新型コロナウイルス予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がって」いるとのこと。SNSには、医療関係者の間ではアルコールで消毒できないというのは通説、アルコールは無効という判断が確実、といった情報が投稿されている。厚生労働省はこれらを誤った情報と否定。予防については、「咳エチケットや手洗い、うがいなどと並んで、『アルコール消毒』を行っていただくよう、国民の皆さまにお願いしています」と求めている。


厚生労働省は、ホームページの「新型コロナウイルスに関するQ&A」でも予防について紹介。「一般的な衛生対策として、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒など行っていただくようお願いします」と呼びかけている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「コロナウイルス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ